2020年7月28日
 この日はCT、マンモグラフィ、腹部エコー、この3つの検査と採血をします。

《 CT 》
これまでのCT検査は、まず検査着に着替え、造影剤を投与し、台にうつ伏せになって胸を垂らした状態で撮影していました。
 初めての乳癌CT検査
外科の主治医から「今回は造影剤のない簡単なものだから」とお聞きしていたので、造影剤だけないのかなと思っていたら…
 

20200728_1


あの恥ずかしい格好をせずに済みました!
まさか着替えもないだなんて… と言いつつ、こういうこともあろうかと金属のついていない服装で行ったんですよね。
そしたらそれが思いのほか喜ばれて、技師さんに大絶賛されてしまいました。
きっと着替を待っている時間がもったいないんだろうなぁ…

《 マンモグラフィー》
人生2度目のマンモ検査。
1度目は乳癌かどうかを調べた時なので、約1年半ぶりです。
検査は残った方の胸だけ。 
速やかに上下の撮影が済むと、次は左右(斜め)へ。
しかしこれが何やら手こずっておられます。
胸がないせいで、またしてもご迷惑をおかけしているのかと思いきや…
 

20200728_2


胸があればこんなことにはならないのでしょうか?
しばらくワタシの胸と格闘されていましたが、どうしても無理なようで一旦別室へ行き、戻って来られるとその後はすんなり挟むことができました。
角度の設定でも変えてこられたのでしょうかね?

そもそも「ポートを入れている人はマンモグラフィをしてもいいの?」という疑問がよぎったので後で調べてみたところ、どこの病院も「破損の危険性があるので基本的に撮影はできない(断っている)」と書かれていました。
大丈夫なのか、ワタシのポート…

《 腹部エコー》
なぜ胸部でなく腹部?と思っていたので、検査終了後に技師さんにお聞きしました。
 

20200728_3


転移のチェックですか…
乳癌の再発と他の臓器への転移は今後起こりえることだから、癌が治ったと思っていてはいけないと肝に命じたハズなのに(コチラ)、自分が癌であるという意識が完全に薄まっていました。
というのも今現在、治療法のない希少がんを患って苦しんでいる母の方がよほど大変な状態なので、自分のことなんて二の次なのですよね…。
検査したらそれで終わりという気でいたので、急に結果を聞くのが怖くなってきました。
何も問題ありませんように。

2020年6月30日:ハーセプチン12回目(受診なし+採血なし)
2020年7月22日:ハーセプチン13回目(受診+採血あり)

13回目治療日の採血の結果、やっとのことで正常値に戻った白血球がまたしても低値に戻ってしまいました。
 

20200722_1


もうAC療法の影響ではないだろうとのこと。
放っておいて問題ないのだろうけれど、免疫力が低下しているのなら、常にコロナや感染症に気をつけて過ごさないといけませんね。

3ヶ月ぶりの外科診察。
今月は、左胸の全摘手術をしてちょうど1年目です。
まだ違和感が残っていますが、今の状態でほぼ完成形だそうです。


20200722_2


術後1年が経ったということで、後日いろいろ検査をすることに。
 

20200722_3


腹部エコー? 胸部ではなくて?
診察中はサラッと聞いていて気づくことができず、質問し損ねてしまいました。
なんでお腹のエコーなんだろ…

検査は翌週、まとめて受けることになりました。

2020年5月20日:ハーセプチン10回目(診察/採血なし)
2020年6月10日:ハーセプチン11回目(診察+採血あり+心臓エコー)

ハーセンプチン単体治療が来月(7月)でとうとうの9ヶ月目を迎えます。
当初から術後のハーセプチンは回数は決まっておらず9ヶ月間受けるということでした。
治療は3週間ごとなので、7月は治療日が2回あります。
1回で済むのか、きっちり2回受けないといけないのかをお聞きしたのですが…
 

20200610_1


治療期間についてはこれまで何度も書いてきました。(2019年の3/137/2411/6も)
なのに、今になって一体どういうことですかっ!?


20200610_2


先生によって違うって、何この適当感…。
3月に担当していた先生が2人いるので、どちらなのかと振り返って考えてみたけれど、2代目先生も引き継ぎいでいるだけですし、しかもすぐ交代する可能性もあったので、やはり初代主治医が最初から術後のハーセプチンは全14回だと決めていたのでしょうかね?
だとしたらなぜ最初から仰ってくれなかったのかが不思議でなりません。

分子標的薬は高額なので治療が1回増えただけでもダメージが大きいです。
あ〜、がん保険に入っていない者にはこの1回が辛いわ〜(泣
やっと白血球が基準値になったとの朗報も、なんだか全然喜べませんでした。

治療11回目のこの日は、3ヶ月に1度の心臓エコー検査があったので、治療センターへ行くのが遅くなり、ひたすら待たされます。
2時間ほど待ったところで、やっと名前を呼ばれるのですが、
 

20200610_3


ワタシなんて元気な者がベッドを使うのは申し訳ないと思いつつも、イスの空きを待っていたらまだまだ時間がかかるようだったので、今回はベッドで治療することにしました。
 

20200610_4


これ、想像以上に快適でした♪
イスも背を倒して足置きを伸ばせばベッドのようになりますが、なんとなく気分的に違います。
これまでずっとイスを希望していたけれど、次から「どちらでも」と答えようかな。

2020年4月28日

GWの関係で1日繰り上げての治療日です。
前回主治医が代わったばかりなのに、火曜日担当の先生に診ていただくことになりました。
この日は採血あり。
 

20201428_1


ここまでくるともう驚かないですね…
ただ白血球が少ないと、今はやはりコロナウイルスの感染が怖いかなと。
なので外出の際には徹底して予防に努めています。

病院もようやく治療センターだけでなく、全体に感染対策がされていました。
(マスク必須、受付の防護シート、待ち列の間隔線、待合の座席限定など)
でも守っていない人も結構多くて、安心はしていられません。

そして9回目のハーセプチン。
実は前回からちょっと気になっていたことがありました。
慣れたとはいえ、やっぱり痛いポート穿刺
毎回歯を食いしばって身構えるのですが・・・
 

CVポートの穿刺


採血くらいの痛みしかないのです!
前回は「穿刺の上手い先生だな」くらいに思っていたのですが、さすがに2度続けてとなると、何かあったとしか思えません。
針が変わった!?と思い、針を抜くときに看護師さんに聞いてみました。
 

20201428_3


最初からこの針だったら良かったのに〜〜〜〜!!
もうホント、痛みのレベルが全然違うのです。
針の抜き方も、今までは看護師さんの力で抜いていたのが、新しいのはレバーを押すと針が上がるようになっていました(でも抜く時の痛みは同じくらいかな…)。
だからもう絶対に、あの看護師さんのような針の抜かれすることはないというワケです。
ハーセプチン単体治療もあと数回になったけれど、一瞬とは言え痛い思いをするのは嫌なので、これは本当に嬉しいな♪

2020年4月8日

またまた腫瘍内科の先生が交代しました。
産休した先生に「4月に移動があるから、もしかしたら次の先生はすぐ変わるかも」と言われていたので心算はしていましたが、なんとこれで4人目です。
 

20200408_1


受診する曜日を変えれば、引き続き男性の先生に診てもらえるのですが、そうすると外科との予約日がバラバラになるので、曜日はそのまま、先生が変わることになりました。

この日は採血がなく特に何もなかったので、話を前回の診察に戻します。
GWの予約についてこんなことがありました。
 

20200408_2


あまりにも治療の間が開くと、薬が最初の量に戻るのだそうです。
ということは、おそらく時間もまた90分に、もちろん治療費もUP…。
今はコロナのことがあるので、あまり病院には行きたくないけれど、本来の診察日の前日に予約を入れていただくことになりました。

この後は、3ヶ月ぶりの外科検診へ。
 

20200408_3


それから治療センターへ。
ハーセプチン8回目です。 


20200408_4


治療を受ける席は、カーテンで仕切れるようになっているのですが、普段は閉めている人はほとんどいないので(隣との間だけ仕切っていることが多い)、どこもビッシリ塞っているのが異様な光景でした。

この日、病院はコロナの影響で人が少ないかと思いましたが、普段と変わりなく人で溢れかえっていました。
内科の先生曰く、この病院、今は感染症指定病院ではないけれど、緊急事態宣言が出されたので、今後は受け入れていくことになるだろうとのことです。
すでに患者さんの中には感染している人がいるのだそう。
感染症者の外来診察を始めると、通院患者さんたちにどう移らないようにするか、それが一番の課題だと、気が重そうにお話されていました。
最前線に立って働いてくれている医療従事者の方々には本当に感謝の念に堪えません。

↑このページのトップヘ