病院の就寝時間は21時半と早く、深夜3時ごろに目が覚めてしまったので、お手洗いへ。
手を洗ったあと、鏡の前で傷の様子を見てみると、
 

20190315_1


寝る直前まで何ともなかったのに!
そのまま詰所へ行って看護師さんに言えばよかったのですが、なぜか「朝の回診で言えばいいか」と思い、部屋へ戻ります。

朝になり回診に来られた看護師さんに見せると、当直の先生を呼んでくださいました。
 

20190315_2


当直医では詳しいことは分からないとのこと。
病院の勤務時間になり、やっと専門医が来られます。
診ていただくと、当直医と同く「これは酷い!」という反応。
 

20190315_3


なんだか怖いのでもう1泊したいくらいでしたが、退院可となりました。
圧迫止血用のガーゼとテープ、そして貼り替え用のガーゼ付きの防水シートを渡され、「自分で取り替えてね」ということです。
うーん、まず何より、手術をした当人に診ていただきたかったです…。

慌てて退院準備。
今回の手術が保険金支払いの対象になるのか入院前に問い合わせたところ対応していたので、診断書の申し込みをしてから帰りました。

家に帰ってからも、出血と内出血共が気になって、1日中鏡でチェック。
出血は止まったけれど、透明の液が結構出ていたので、夜になってシートを貼り替えました。


20190315_4


翌日、内出血の色は一気に薄くなり、その翌日には真っ黄色へ。
穴からの液も止まりました。ヨカッタ〜。
傷口とポート上部の皮の張りは数日は痛かったですが、中の方はいまだにズキズキ痛みます。
重いものを持ったり、力を入れるのもつらい。
ポートの異物感は、担当医が仰っていた通りすぐになれました。
それより何より、傷口に貼ってあるシートが痒い!!!気がつけば掻いている状態。
化学療法前日に、傷を引っ掻いてしまったようで、ガーゼに血が滲んでしまいました。
抜糸がないので、退院後は放射線診断科の診察がないのですが、ちゃんと傷がひっついているのかが心配。

※これからCVポート留置手術を受ける方が読まれたら、恐怖でしかない記事になってしまいましたが、 遠慮なく「痛い!」と言えば麻酔を追加してくださるでしょうし、力加減も調節してくださると思います。これほど痛かったという感想を目にしたことがないので、終始無言で通したワタシが悪いのかと…