2018年09月

20180706_1昨晩は導眠剤のおかげでなんとか寝られました。

この日は絶食(正確には昨晩23時から)。
点滴をするまでに与えられた経口補水液500mlを2本を全部飲むのと、あとは水かお茶なら口にしても良いとのこと。
経口補水液がかなり甘くお腹が張るので、空腹を感じることはありませんでした。

6時半に昨晩浣腸をしてくださった看護師さんが来られます。
「さあ、やりましょうか!」
「え、何を?」
「浣腸ですよ♪」
スケジュール表には8時とあるのに、なんたる不意打!
「お風呂に入る前の方がいいでしょ」と言われ、その通りだと納得。
2度目はもう余裕です。
今回もあまり便意は襲って来ず、便自体もあまり出ない。
一体ワタシが食べたものはどこへ行った!?
でも便のチェックが恥ずかしくなくて良かったです。

7時半にお風呂
朝一番に入るよう言われていました。
ここで別のタイプの病衣に着替えます。

12時半に母が到着。
手術の予定時間は15時なのですが、前の手術が早く終わった場合にそなえて、早め来てもらいます。

13時半に点滴開始。これは本当なら午前中にする予定でした。

14時20分「手術室に14時30分に着くよう行きます」と看護師さん。
いよいよです!!
病室のみなさんに見送られながら、手術室へ向かいます。




自分で点滴台を押しながら、手術室のある階まで移動します。
エレベーターを降りるとすぐにドアがあり、母とはここでお別れ。

ドアが開くと、手術を担当してくださる医師が待ち構えておられ、順に自己紹介。


20180706_5


さらにドアが開くとその先は、暗くて薄気味悪い長い長い廊下が続いています。
「一番奥まで進んでください」と言われ、なぜかワタシが先頭で進みます。
手前の手術室はどこも手術中。急に緊張感が高まってきました。
 

20180706_2


手術室に到着すると、中にいる方たちが元気にお出迎え。
手術室を描きたかったのですが、部屋に入ってから麻酔で眠るまでがアッと言う間で、広かったということ以外、何も覚えていません…。
 

20180706_3


周りが慌ただしく動いていて、猛スピードで準備が進んでいきます。
上半身だけ脱いで上からタオルを掛けられます。(下は病衣も下着もつけたまま)
心電図と血圧計、それと指に酸素濃度を測る機器を嵌められたような気がするのですが、よく覚えていません。
逆さになった時の負担を軽減するクッションを肩に置かれたりもしていたような…。

準備が整うと、いよいよ全身麻酔です。
口にマスクを被せられると、3秒ほどで意識を失います


20180706_4


手術は約4時間半弱。無事に終了しました。

術後は次回に続きます。 

入院初日の夜は、生活リズムの違いと、騒音でほとんど寝られませんでした。
起床時間は6時

洗顔と歯磨きを済ませてからお風呂の予約を取りに。
昨日はお風呂の説明もしてもらえなかったので、同室の方にお聞きしたのですが、すでに予約が埋まっていて、入ることが出来ませんでした。

7時半に朝食
その後、大分経ってから看護師さんが2人来られます。
 

20180706_1


A3用紙に入院から退院後までの1週間のスケジュールが事細かにビッシリ書かれています。
説明してくれるのは今日と明日の術前まで。(後は自分で読んでおけと。)
今日は1日何をするのだろうと思っていたら・・・・

 ・へそ掃除とお腹の剃毛
 ・20時→浣腸
 ・21時→睡眠導入薬を飲む(手術前日は寝られない人が多いため)

これだけ?ヒマ〜。
説明が終わると早速おへその掃除。キレイなので綿棒でササッと拭いておしまい。
お腹はムダ毛がないので剃毛不要。 
ところで・・・お腹ではなく下の方は剃毛はしないの?
説明がなかったので聞いてみると、「そのままでいいですよ」と。


20180706_2


せっかくセルフワックスしていったのに…。
でも!でもですよ!開脚&逆さまという恥ずかしい格好で下から取り出すのですよ!
浣腸もあるし、術後は洗ってもらったりもするので、個人的にはしておいて良かったと思いました。

12時に昼食
13時半にお風呂
小さなユニットバスで入浴時間は30分。5分前には出ておきたいし、着替えの時間も入れるとなると、ほとんど時間がありません。慌ただしく入ります。

ここからは予定はありません。同室の方と話をしたり、本を読んだり、コンビニへ行ったり、昨晩寝られなかったから少し眠ったり…

そうこうしていると、明日担当するという麻酔科医が現れ、いろいろ質問されます。
 

20180706_3


歯のグラつきの質問はもう何回目!?
同病院の歯科医に確認していただいているし、昨日の麻酔科医にも聞かれました。
以前にも書いたけれど、ほんとデータ化して情報共有をしていただきたいです。

さらに時間がたって、今度は昨日の充血目主治医が来られます。
 

20180706_4


昨日はかなりお疲れだったのでしょうか?
輸血同意書の「必ずチェック」部分に、1つもチェックが入っていませんでした。
ワタシもそれに気づかず、「了承する」にチェックしてサインしてしまっているし…。
手術前にミスされると、なんか怖い。
「しっかり寝てください!明日は頼みますよ、先生!」という思いでいっぱいでした。

18時に夕食
ちなみに今日1日の食事はこちら。

20180706_5


予定通り20時になると浣腸をしてもらいます。
浣腸は今夜と明朝の計2回! 
この1ヶ月間毎日鉄剤を服用しているため、ワタシの便は真っ黒。
そんな便を2回もチェックされるのかと気にしていると、明日の分だけにしてくれました。


20180706_6


ガスばかりで不思議と便はあまり出ず。
これなら見てもらっても全く問題ありませんでした。

21時すぎに睡眠導入薬を飲んで就寝
睡眠薬と違って、眠りやすくなるお薬だそうです。

(続き)

16時半に母が再び来て、17時過ぎに看護師さんから「先生から説明があります」と言われ、面談室に案内されます。
入院時の主治医は2人おられるようですが、来られたのはそのうちの1人。

まずは手術の説明から。


子宮摘出の腹腔鏡手術


ワタクシとんだ思い込みをしていたようで、子宮摘出の手術には2種類あることは知っていましたが、なぜだか自分はお腹を開いて、そこから取り出すものだとばかり思っていました(たぶんネットで読んだ体験記の多くが開腹手術だったからかな?)。
腹腔鏡手術については全く予習していません。
だから聞きました。
「そんな小さい穴で、どうやって子宮を取り出すんですか?」
「膣からです」
「!!」
 
子宮摘出の腹腔鏡手術の体勢


衝撃の事実!
肩には圧迫を軽減させるクッション、足には血栓ができないようにマッサージ器、お腹はガスでパンパン、そこに4本の器具が突き刺さって…はああ、ものスゴイ格好なのでショックが大きいです。
術中に他の臓器が傷ついて出血したり問題が起これば開腹手術に切り替えるだとか、なんだか大変な手術だぞと、ただただ驚くばかり。

手術の説明のあとは、副作用と合併症について。それから輸血に関する説明。
これらが書かれたA4用紙が全部で10枚!その内3枚が同意書でした。

長々と「何が起こるかわかりませんよ」と、恐ろしい内容の説明を受けたので、思い切って失礼な質問をぶつけてみます。


20180704_9


手術事故のニュースをよく耳にするので、やはり手術される側としては、先生の腕が気になるところ。
経験値高いようなので、ちょっと安心。

他にした質問は、手術時間。
手術自体は3時間ほど。麻酔なども入れて計5時間くらい
長い・・・。子宮を取り出すだけでも1時間かかかるそうです。
家族はずっと待機していなければいけないので、母にはまた迷惑をかけることに。

まとめに入る先生。
「今回貧血でということですが、ヘモグロビン値は10もあれば手術出来るので・・・」
え?ちょっと待って!
入院してから採血していないし、最後の検査値は8.7なんですけれど!
そのことを伝えると、驚いて少し考えた後に「大丈夫」と一言。本当!?
「数値が上がっていなければ術前に輸血するかもしれない」と言われていたので心配していたのに、まさか血液検査なしだなんて。
でもまあ輸血はイヤなので、この方がありがたいかも。
これで一通り説明は終了。


20180704_10


母を見送り、部屋へ戻ると間もなく18時で夕食に。
ワタシは普段、夕食を食べない(18時以降は食べ物を口にしない)のですが、入院中はそうもいかず、出来るだけ食べるようにしました。
 

20180704_11


21時半消灯。
普段深夜2〜3時頃に寝るワタシがこんな時間に寝られるはずがなく、どうしたものかと困っていると、入り口付近がなにやら騒がしいではありませんか。
どうやら救急で入院された方がいらしたようです。
おかげで(と言っては失礼ですが)消灯時間が大分遅くなりました。
でもだからといって寝られたわけではありません。
新入りさんのところへ看護師さんが何度も行ったり来たり、みなさんのイビキが酷かったり、トイレに行く時のカーテンを開ける音や足音・・・・病室の夜ってうるさすぎ!!!

前回の外来診察から5日後、いよいよ入院です。
付添人は癌患者の母・・・申し訳ない。

受け付けで手続き → 病棟へ → 部屋へ → 病衣に着替え
長々と待たされた後、「先に麻酔科へ行ってください」と言われます。

麻酔科へ行くと、問診票を書いてから、10分くらいのDVDを見ます。
1人の患者の手術前日から術後までがドラマ仕立てになっていて、
「手術中はずっと麻酔科医が付き添って、あなたの体を管理しています」というもの。
麻酔を投与するだけでなく、心拍や血圧の確認などをするのも麻酔科医なんですね。
知らなかったので勉強になりました。
 

20180704_1


DVDを見終わると、麻酔科医から説明があります。
 

20180704_2


いくら麻酔科指導医が監督していても、研修医に麻酔されるのはイヤ!
気管挿管時に歯が折れるのも絶対イヤ!
・・・と思っていても、「了承しました」という書類にサイン。

部屋に戻ります。
朝9時半に来たのに、麻酔科に行っただけで、お昼まで放置状態。
昼食が運ばれて来たところで、やっと「先生からの説明が5時ごろになります」との情報が。

あと5時間!
母は一度帰って、また戻ってきてもらうことになりました。
家が近所とはいえ、重ね重ね本当に申し訳ない。

母が入院した時は、病棟案内があったのですが、それがないので聞いてみたところ、トイレと洗面所の場所だけ教えてくれました。
風呂や非常口は?と思いつつも、後で自分で探検すればいいかと、先に昼食をいただきます。

 
20180704_3


昼食後、同室の方にご挨拶。
上手くやっていけるか不安に思っていましたが、すぐに打ち解けました。
 

20180704_4


子供を産まずに子宮を失うのは「とても気の毒」なことのようで、同情されるばかり。
「子宮がなくなってせいせいすると喜んでいます」とは言えない雰囲気でした。

ワタシのベッドは、6人部屋の入ってすぐ、出入口に近いところでしたが、そこには術後に使用する酸素のバルブがないとのことで、場所を入れ替わることに!
入り口か窓際かでは、明るさや広さが全然違うので、これはラッキー。
 

20180704_5


みなさんと楽しくおしゃべりしていると、看護師さんが来て足のサイズを測られます。
血栓ができないよう弾性ストッキングを着用する」というのは、下調べして知っていたけれど、前々日から履かされるとは。暑い!


20180704_6


次は先生からの手術の説明です。
続く

この日は血液内科と循環器内科を受診。
まずはいつも通り、血液内科の方から。
鉄剤を服用してから25日目
 

20180629_1


まさかまだ輸血する可能性があるとは!
すっかり元気になっていたけれど、やはり基準値は必要なようです。
輸血するかしないかは、入院時の主治医の判断になるとのこと。
あと数日でそんなに増えないと思うんだけれど…。 

次は循環器内科。
昨日の心エコーとCTの結果診断です。
パソコンの画面には3Dでカラーの心臓の画像が。
結果は「異常なし」で、問題なく手術出来るとのこと。

ただ少し気になる箇所があようで…
 

20180629_2


いや、大丈夫と言われても怖いんですけどっ!!
真っ先に「将来これが原因で死ぬのかも」と考えてしまいました。
聞かされたところでどうすればいいのやら…です。

検査時の自分の心臓の画像、プリントアウトで良いので記念に欲しかったな。

外来受診はこれで一旦終了。
次はいよいよ入院です。 

↑このページのトップヘ