2019年08月

2019年8月14日

初めてのAC療法だったため、治療1週間後に腫瘍内科を受診します。(通常は3週後)
名前を呼ばれて診察室に入り挨拶すると、なぜか無言でワタシを凝視する先生。
すると・・・

20190814_1


前回書きましたが、この時のワタクシ、自分では全くそう思わないのですが、他人から見ると酷くやつれて、いかにも病人っぽく、しんどそうに見えるらしいのです。
家を出るとき母に体を心配されましたが、先生も随分驚かれていました。
確かに数日前までは寝込んでいましたが、この日はすっかり元気だったんですけどね。

で、この1週間の様子、特に吐き気が強かったことを先生に伝えます。
血液検査の結果は、白血球の減り具合など特に問題はなさそう。
ただ、吐き気がキツかったとのとワタシの状態を見て、「どうしよっかなー」と何やら考えていらっしゃいます。
何をどうされるのだろうと構えていると・・・
 

20190814_2


なんですとー!!!!
薬を止めることはできないけれど、量を減らすことができるということです。
AC療法を省いてほしい!もう癌が消えたのに理不尽だ!と思っていたら、願いが半分叶ったではないですか!

なのに・・・・

20190814_3


あれだけ望んでいたことなのに、いざそれが現実になると「後で後悔しないか?」と考えてしまうんですね。
標準治療はきちんと受けておいた方が、やれることはやっておいた方が後悔はしないハズ。
でもホント無駄な治療だとも思っているので、もうどうしていいのやら。
先生も決めかねて、ついに「どっちでもいいよ。決めて!」と、ワタシまかせに!
と言いつつも一緒に考えてくださって、結果こうなりました。
 

20190814_4


気持ちと行動に矛盾が生じますが、これならまあ後悔せずに済むかなと。


20190814_5


治療前日から吐き気、わかる気がします。
またあんな目に合うのかと思うと、精神的に辛くなるので。
処方されたのは、脳をリラックスさせるための精神安定剤でした。

次の治療は2週間後です。

(前回からの続き)

20190813_1


初AC療法を受けた日の夜になってから、強い吐き気に襲われました。
体を起こしていることが出来なくて、ただただうずくまるばかり。
この吐き気は丸5日間続きました。
幸い1度も嘔吐はしませんでしたが、それでも相当きつかったです。

術前化学療法では口腔痛が一番酷かったので、今回も初日からアズノールでのうがいを欠かさずにいたら、痛いのは痛いけれど、以前のように酷くはなりませんでした。口内炎もできずに済みそう。
今回は鼻腔痛も鼻血も発疹もなかったので、どうやら今後の治療は吐き気との戦いになりそうです。
 

20190813_2


5日間は食事がほとんど取れなくて、体重はどんどん減るばかり。
 

20190813_3


治療1週間後の内科受診前日に、やっと通常の食事に戻り、なんとか1日を普通に過ごすことができるようになりました。

癌が消えた状態で、こんなキツイ抗癌剤をあと3回も受けないといけないなんて。
理不尽極まりないです(泣 

2019年8月7日
 
熱は下がり、胸の腫れも落ち着きました
ただ、皮膚はさらに真っ赤になって痒いまま
この痒みもしかして!?と心当たりが出てきたので、先生に聞いてみると・・・


20190807_5


やっぱりか!
前に言ってあるので分かってくれているものだとばかり…。
原因が判明したので、もうこれ以上酷いことにはならないハズです。
抜いた体液は10ml。先週の80mlと比べると一気に減りました。
胸はペターンと平らに近い状態で、脇のあたりだけボコボコしている感じ。
これが綺麗な状態になるには、1年など長い目でみないといけないようです。
 

20190807_1


もう体液は落ち着いたので、次回の外科受診は化学療法に合わせて3週間後です。

順が逆になりましたが、外科の前に腫瘍内科へ行って、血液検査の結果が問題なかったので、化学療法を受けるよう言われます。

治療センターが混んで1時間待ちだったので、その間に栄養士と薬剤師から話がありました。
薬剤師より、まだ主治医から聞かされていなかった情報がチラホラ。
 

AC療法の内服薬


吐き気止めはイメンドとデカドロンを2日間、ジプレキサザイディスを4日間、とんぷくも合わせて全部で4種類。
AC療法、どれだけキツイ薬なんだと緊張してきます。


AC療法の流れ


恐怖の点滴漏れに体調変化もなく、治療は無事終了。
次に向かうはお会計。
当然のように限度額を払わなければと用意していたら・・・


20190807_4


全然限度額に届かない金額が表示されたので驚きました。
分子標的治療薬がないから? ACが古い薬だから?? 
治療にかかる費用が最初に見積もっていたより安くすみそうで、これは嬉しいです!
8月に入るとすぐ限度額適用認定証を更新してきたのですが、もしかするとともう必要ないのかも(※限度額適用認定証の使用期限はどなた様でも8月〜翌年7月までです)

家に帰ってトイレへ行くと、言われた通り赤い尿がでました
でも真っ赤なのは2回だけ。徐々に橙から黄へと薄くなっていきました。

その後もなんともなかったので、「これはHPD療法と同じくらい副作用が軽く済むかも♪」と、のんきに構えていたら、それは夜になってジワジワやってきました。

つづく

↑このページのトップヘ