2019年12月

2019年12月25日

ハーセプチン3回目を受けてきました。
前回は採血がなかったので、今回はあり。
先生、その結果を見て・・・
 

20191225_1


白血球は一旦下がるとなかなか元に戻らない人がいるのだそう。
爪も相変わらず痛みますし、最後にAC療法を受けてから2ヶ月も経っているのに、まだダメージを引きずっています。
とはいっても、今はハーセプチン単体ですし、おそらく採血のなかった前回も数値が低いのに治療を受けたと思われるので、このまま治療に行きましょうということになりました。


20191225_2


今後は来年の7月までずっーーーっと同じ治療が続きます。
たまに外科の診察や検査があったりしますが、特に大きな内容の違いはなさそう。
書くことなくなるかなぁ。

2019年12月4日

言われていた通り、ハーセプチン単体だと副作用は全くありませんでした!!
(AC療法の副作用である浮き爪がまだ痛みますが…)  
おかげで生活はすっかり元通りです。

これまで化学療法を受ける前には必ず採血をしていましたが、ハーセプチン単体だと1回おきで良いとのこと。前回採血したので、この日はなし。

副作用がなく血液検査もなかったので、すぐ治療センターへ行くと思っていたら、先生からこんな報告がありました。
 

20191204_1


とても良い先生だったので、主治医交代はとても残念です。
そういえば、腫瘍内科初回受診の先生が、すぐ移動になるからといって、今の先生に交代されたのを思い出しました。( 詳しくはこちら
後任が気になるけれど、後はハーセプチンを受けるだけなので、どんな先生に当たったとしても7月で腫瘍内科は終了するワケですし、あまり影響はないかな。

そして治療センターへ。
 

20191204_2


初回は90分でしたが、2回目からは30分になりました。
最後に5分間生理食塩水を流すので計35分。早い!!!!
でも・・・受付から治療が始まるまで1時間待ち。
生食が終わった後15分ほど放置されていたので、結局センターには2時間近くいたことに。
いつも混んでいるので、待ち時間で疲れます。

「CVポートからの点滴は着ていくものに困る」という記事はこちら

お会計は、ハーセプチン初回は3万3千円ほどでしたが、2回目は薬の量が減っていたので2万5千円ほどでした。(3割負担。治療費のみ。診察や採血などは含みません。)
かなり安くなったとはいえ痛い出費です。これが7月まで続くのね…

年内はあと1回治療あります。

↑このページのトップヘ