2020年4月8日

またまた腫瘍内科の先生が交代しました。
産休した先生に「4月に移動があるから、もしかしたら次の先生はすぐ変わるかも」と言われていたので心算はしていましたが、なんとこれで4人目です。
 

20200408_1


受診する曜日を変えれば、引き続き男性の先生に診てもらえるのですが、そうすると外科との予約日がバラバラになるので、曜日はそのまま、先生が変わることになりました。

この日は採血がなく特に何もなかったので、話を前回の診察に戻します。
GWの予約についてこんなことがありました。
 

20200408_2


あまりにも治療の間が開くと、薬が最初の量に戻るのだそうです。
ということは、おそらく時間もまた90分に、もちろん治療費もUP…。
今はコロナのことがあるので、あまり病院には行きたくないけれど、本来の診察日の前日に予約を入れていただくことになりました。

この後は、3ヶ月ぶりの外科検診へ。
 

20200408_3


それから治療センターへ。
ハーセプチン8回目です。 


20200408_4


治療を受ける席は、カーテンで仕切れるようになっているのですが、普段は閉めている人はほとんどいないので(隣との間だけ仕切っていることが多い)、どこもビッシリ塞っているのが異様な光景でした。

この日、病院はコロナの影響で人が少ないかと思いましたが、普段と変わりなく人で溢れかえっていました。
内科の先生曰く、この病院、今は感染症指定病院ではないけれど、緊急事態宣言が出されたので、今後は受け入れていくことになるだろうとのことです。
すでに患者さんの中には感染している人がいるのだそう。
感染症者の外来診察を始めると、通院患者さんたちにどう移らないようにするか、それが一番の課題だと、気が重そうにお話されていました。
最前線に立って働いてくれている医療従事者の方々には本当に感謝の念に堪えません。