胸のしこりを見つけ乳癌と診断されたのが昨年の2月。
ちょうど1年がたちました
早い〜!!いろんなことがありすぎて、ここまで本当にあっという間でした。


 2020年2月5日

今回から腫瘍内科の主治医が変わります。
どんな先生かな〜とドキドキしながら待っていると、ワタシと同じ前主治医に診てもらっていたであろう先の患者さんが出てきて、お連れの方にこう話しておられます。
 

20200205_1


実際にお会いすると、会話は本当にその通りでした。
最初に丁寧な自己紹介。これだけでも好印象です。
 

20200205_2


体調を聞かれたので、「もう治療を受けなくてもいいんじゃないかと思うくらい、何事もなく元気です!」と答えたところ、「ハーセプチンは1年間受けないといけないんですよ〜」と、治療が長期間であることやお金がかかることも含め、申し訳なさそうに説明してくださいました。
分かった上で言ったことだったんですけどね。
ただ興味深いことに、ハーセプチンはもう半年でもいいのではないか、という動きが出てきているとのことです。
実際半年でやめた人の再発率など、まだまだデータが少ないようですが、今後はハーセプチンの標準治療が半年になることもあるのかもしれませんね。

この日は採血がありました。

20200205_3


もう全然気にしていなかったのですが、まだですかっ!?
最後にAC療法を受けてから4ヶ月、「白血球値がなかなか元に戻らない人がいる」と聞いていたけれど、一体いつ正常値に戻るのやら…。
インフルエンザやコロナウイルス、人一倍気をつけないと!!

ハーセプチン治療はいつも通り。
今回は特に問題なく終了しました。