2020年7月28日
 この日はCT、マンモグラフィ、腹部エコー、この3つの検査と採血をします。

《 CT 》
これまでのCT検査は、まず検査着に着替え、造影剤を投与し、台にうつ伏せになって胸を垂らした状態で撮影していました。
 初めての乳癌CT検査
外科の主治医から「今回は造影剤のない簡単なものだから」とお聞きしていたので、造影剤だけないのかなと思っていたら…
 

CT検査


あの恥ずかしい格好をせずに済みました!
まさか着替えもないだなんて… と言いつつ、こういうこともあろうかと金属のついていない服装で行ったんですよね。
そしたらそれが思いのほか喜ばれて、技師さんに大絶賛されてしまいました。
きっと着替を待っている時間がもったいないんだろうなぁ…

《 マンモグラフィー》
人生2度目のマンモ検査。
1度目は乳癌かどうかを調べた時なので、約1年半ぶりです。
検査は残った方の胸だけ。 
速やかに上下の撮影が済むと、次は左右(斜め)へ。
しかしこれが何やら手こずっておられます。
胸がないせいで、またしてもご迷惑をおかけしているのかと思いきや…
 

マンモグラフィでポートを挟んでしまう


胸があればこんなことにはならないのでしょうか?
しばらくワタシの胸と格闘されていましたが、どうしても無理なようで一旦別室へ行き、戻って来られるとその後はすんなり挟むことができました。
角度の設定でも変えてこられたのでしょうかね?

そもそも「ポートを入れている人はマンモグラフィをしてもいいの?」という疑問がよぎったので後で調べてみたところ、どこの病院も「破損の危険性があるので基本的に撮影はできない(断っている)」と書かれていました。
大丈夫なのか、ワタシのポート…

《 腹部エコー》
なぜ胸部でなく腹部?と思っていたので、検査終了後に技師さんにお聞きしました。
 

20200728_3


転移のチェックですか…
乳癌の再発と他の臓器への転移は今後起こりえることだから、癌が治ったと思っていてはいけないと肝に命じたハズなのに(コチラ)、自分が癌であるという意識が完全に薄まっていました。
というのも今現在、治療法のない希少がんを患って苦しんでいる母の方がよほど大変な状態なので、自分のことなんて二の次なのですよね…。
検査したらそれで終わりという気でいたので、急に結果を聞くのが怖くなってきました。
何も問題ありませんように。