カテゴリ:貧血/子宮摘出 >

退院後、調べたいことがあったので入院先のサイトを見ていたら、とんでもない記事を目にしてしまいました。
 

20180712_1


高額療養費制度があるので限度額しか払わなくていいと思っていたから大ショック!!!
こんなに高額なら、入院が長引こうが傷跡が残ろうが、開腹手術にしてほしかった!!!
事前に説明しないなんておかしくない?おかしいでしょ!?
そう、絶対におかしい!!!!と思ったので調べました。
すると、どこの病院もこう書いてあるのです!
 

20180712_2


あー、ヨカッた!!!!!!!!!!!!
もうどれだけ安堵したことか。
病院が情報更新を怠っていたばかりに、とんだ思いをする羽目になりました。

それにしても平成30年4月よりって・・・
ワタシの手術は保険適用されてからほんの数ヶ月後です!
なんてタイミングが良かったのでしょう。
貧血でスゴクしんどい目にあってしまったけれど、今まで放っておいて良かった〜。

退院してから1週間後に請求書が届きました。
入院前に限度額適用認定証を提出していたので、限度額分+病衣代+食費(計数万円)で済みました。

動けない、息切れ、動悸がするといったことの他にも、貧血の症状がありました。
それは、氷をボリボリと食べまくる氷食症です。

2、3年前から、常に氷を食べるようになり、寒い冬でも食べずにはいられない状態でした。
自分ではただの氷好きだと思っていたのですが、やはり異常だと言われるので調べると

“非栄養物質を強迫的に食べたくなる病気である異食症の一種
基本症状は、氷を強迫的に食べる(食べずにいられない)こと。
持久力の低下、記憶力の低下、寝起き寝つきの悪さ、
食欲低下などの鉄欠乏症状や、顔色不良、動悸、
息切れなどの貧血症状を伴うことが多い‘’
(ウィキペディアさんから要所抜粋)

これを読んでも「鉄分が足りてないのか。じゃ鉄分を摂らないと。」と思うくらいでした。


氷食症
 

『母はWM』というブログで、血液の癌を患った母の闘病生活を書いています。
そんな中、娘のワタクシも病気になり、自分の治療記録も残しておきたいと思ったので、新たにブログを立ち上げました。
貧血は子宮を取ることで完治しましたが、その7ヶ月後に今度は乳癌と診断されます。
短い連載で終了すると思っていたこのブログ、今度は長い付き合いになりそうです。


「貧血/子宮摘出」2018年6月〜2019年1月

first_top
 


「乳癌」 2019年2月〜

↑このページのトップヘ