タグ:センチネルリンパ節

とうとう左胸とお別れする日がやって来ました。
とは言っても、悲しくなければ、名残惜しいわけでもなく、ただただ「あ〜これから手術するんだな」という感じ。

6時から絶飲で、もちろん朝食もなし。
起床してからしなければいけないのは、弾性ストッキングを履くことくらいでした。
 
8時30分に手術フロアへ到着するよう部屋を出ます。
大きな自動ドアの向こうには控え室があり、そこでスタッフが順に自己紹介。
全員女性で、目元しか見えませんが、みなさん学生ですか?というくらい若そう!

20190702_1


次のドアが開いて手術室へ。長い長い廊下を歩きます。
2度目とあって緊張していないせいか、昨年とは全く違う光景に見えました。

20190702_2


めちゃくちゃ狭い手術室に入ると、まずは寝台に上がり、上衣を脱ぎます。

20190702_3


点滴の穿刺が、やり直しするのではないかと思うくらい時間がかかって痛かったのですが、さらに痛い思いをするのはその後で・・・

20190702_4


当たり前のように酸素マスクから麻酔が出てくると思っているのに、まさかの腕から!
針の周辺が酷い痛みで、まるで電流を流されているようなビリビリ感
スタッフが手を摩ってくださっているのが余計に痛かったです。
しかも酸素マスクほど即効性がなく、苦痛に耐えながらゆっくり意識を失っていきました。

手術が終わり目が覚めると、意外にも意識がハッキリ!
手術と言っても、体の内と外で何もかもが違うんですねぇ。
 子宮全摘の手術の様子はこちら

8時半に手術室へ行って、母の所へ戻って来たのが11時半。
全てを終えてきっちり3時間!短い!!
予定では手術が3時間(麻酔を入れて4時間)だったのに。

20190702_5


ワタシが部屋に運ばれている間に、主治医から手術について説明を聞く母。
今回もまた切り取ったものを見ることにします。

乳房切除


子宮は鶏肉のような印象だったとのことでしたが、やはり外部になると、それはあきらかに人体の一部で、何とも言えない気持ちになったそうです。
切り取られた胸は主治医の手中に収まって、とても20cm切ったとは思えなかったとのこと。
そして気になるセンチネルリンパ節生検の結果ですが、
リンパ節への転移はなかった」ということでした。
ふー、良かった〜

部屋に戻ったワタシは少し眠っていたようで、目が覚めると母がワタシにカメラを向けていました。「ブログで必要かと思って」と。
撮るだけ撮って12時に帰っていった母。お疲れ様。そして付き添いありがとう。

その後3時間ほど眠って目が覚めると、もう麻酔の影響はなく頭はスッキリ!
傷口はジワ〜と痛む程度
尿の管もドレーンも邪魔になることはなく、下半身は自由に動かせて寝返りもうてます。
手術した方の腕は意外と動かせるので、本を読んだりそれほど不便なく過ごせました。


20190702_7


消灯時間までの間、何度も何度も先生方や看護師さんたちが手術痕を確認しに来られます。
その度に「(傷口が)キレイですね」ということで、どうやら順調のよう。

昼間よく寝たので夜は眠れずにいると、深夜2〜3時頃から徐々に痛みが強くなりだしました
看護師さんに言えば点滴から痛み止めを入れてくれるはずなので、コールしようか散々迷いましたが、我慢強いワタシのことなので、結局言わないまま朝まで耐えました。

予定より少し長い10日間の入院生活を無事に終えて戻ってきました。
ペースは遅いと思いますが、頑張って更新していきます。

「受け付けで手続き → 病棟へ → 病室へ → 病衣に着替え」と、おなじみの流れ。
次はオリエンテーションで、看護師さんが入院中の予定を説明してくださいます。
「今回は浣腸なしか…」なんて思いながら話を聞いていると、とても気になる項目が!!
 

20190702_1


付き添い不要と言われたのに家族に説明ってどういうこと!? 詳細はこちら
看護師さんに事情を説明すると、「よほどの理由がない限り普通は必ずどなたかに付き添っていただくのですが…でも先生がそう仰ったんですよねぇ」と非常に驚かれていました。
何か嫌な予感を抱えつつオリエンテーションが終了すると、お次は術後にテープかぶれが起こらないよう、いろいろなテープや保護材を使用してパッチテストをしてくださいます。
その最中に主治医が来室。
挨拶後に今日明日の流れを簡単に説明をされるのですが、そこでまさかの「手術が終わった後、ご家族に説明しますので」と・・・。
「ちょ、やっぱり!?おいおいおい!!!」と思いながら、どういうことか聞いてみると、
 

20190702_2


なぜ術後の付き添いと思われたのか不思議でしかたありませんが、「大丈夫かなこの先生」と、術前にとても不安にさせられました。
そういうことで急いで母に電話。結局来てもらうことになりました。

この日の予定は1つだけ。
センチネルリンパ節シンチグラフィ(ラジオアイソトープ検査/RI)」です。
術中「センチネルリンパ節生検」を行うために、センチネルリンパ節がどこにあるかを前もって調べておく検査なのだそう。
どうやって見つけるのだろうと思っていましたが、こういう検査があるのですね。
(用語の説明はしないようにしていましたが、内容がわかりにくいので簡単な説明を載せておきます。)

センチネルリンパ節の説明


ちなみにセンチネルリンパ節を見つけるのはこの検査と、「色素法(色素を注入してセンチネルリンパ節を染色する)」を併用すると、渡された手術説明書に書いてありました。
先生から説明はなかったということは、こちらは術中に行われるのでしょうか?

検査はこんな流れでした。

センチネルリンパ節シンチグラフィ


検査後は何も予定がないので、夕食→入浴→就寝で1日目は終了です。

今回の病室、場所がハズレでした。
4人部屋として使われている5人部屋で、入ってすぐのワタシの所だけが狭い!!
窓側のお2人は他人とは関わりたくないご様子で、挨拶すら完全無視。
この病院は窓からの景色が素晴らしいのですが、これでは外を見たくても窓側に近寄ることもできないので、それがとても残念でした。

入れ替わりがあってお二人おられたお向かいさんは、どちらも気さくなお方で、乳癌先輩(現在は乳癌からの転移)ということもあって、いろいろお話をお聞きしたり、短い間でしたがとても懇意にしていただきました。
この話はまた後々に。

20190702_5

 
この日の食事
 
20190702_6

胸は温存せず全摘を希望していましたが、「乳頭乳輪を残す方法もありますよ」というのを聞いたので( 詳しくはこちら)、後でいろいろ調べてみました。
するとその手術は再建することが前提のようで、胸の中身だけ切り取るから皮膚が袋状に余るということでした。(後日先生にきちんと確認しました)
再建は考えてないと言っているのに・・・ということでやはり全摘で決まりです。 

この日は麻酔科の受診と、手術を担当してくださる先生から詳しい説明を伺います。
麻酔科の内容は昨年と全く同じ。( こちら
乳腺外科ではまず先日の検査結果から。
 

20190625_1


2月と6月に撮影したものを比べて見せてくださったのですが、癌が小さくなっていることよりもまず、2月のMRI画像を見て驚きました。
というのも、これまで見た中で一番鮮明に癌が確認出来るものなのに、初めて見たからです。(たぶんこれは横からの画像で、前に見たのは下からの画像。「MRIもCTも全然よくわからなかった」と書いています。  こちら
なぜ最初にこの画像を見せてくれなかった!?
比較画像を見ると癌が小さくなっているのは一目瞭然。
MRIでは一見消えたようにも見えますが、エコーではボヤッとあるのが確認でき、その大きさは約1cmで半分ほどの大きさになっているそうです。

そして入院手術の説明に。

乳癌の手術説明


それから、手術に伴う危険性についての説明へ。

20190625_3


怖っ!!!
特に心配しているのは、創部の化膿です。
今度の切り口は20cmということで、ポート時の4倍!!!
傷が治りにくい体質ですし、ポート手術での化膿やテープかぶれのことを考えると、同じようになるのではないかと、嫌な予感しかしません。
昨年の腹腔鏡手術のように、奇跡的にきれいに治ってくれると良いのですが。

あと、この先生とてもお若いです。
昨年担当の先生にお聞きした「どのくらいこの手術されていますか?」という質問( こちら)は、やはり失礼かなと思い今回はしなかったのですが、やっぱり気になる! 
腕の良い先生でありますように!

入院手術時に関して昨年との大きな違いは、付き添い不要なことです。
昨年は入院時、先生からの説明時、手術の間と付き添い必須でした。
今回も当然そうだと思っていたのに、何も言われないのでおかしいなと聞いてみると、「こちらで全面サポートするので付き添い不要です。」だそう。
母は付き添えないことを心配していますが、母自身も病気持ちですし、ワタシも母の心配をせずに済むので、正直家にいてくれた方が気が休まります。

20190625_4
 

↑このページのトップヘ