タグ:副作用

抗癌剤の副作用で一度も書いたことがないもの…というか書けなかったのが、生理についてです。
抗癌剤治療で生理が止まることがあるそうですが、子宮を摘出している自分には関係ないことだと思い、ほとんど気にかけることはありませんでした。

以前は酷い生理不順だったので毎朝基礎体温を測っていましたが、子宮摘出後はその必要がなくなったので測るのをやめていました。
でも卵巣は残しているので、排卵痛や胸の張り・痛み、便秘に快便のリズムといったことで、「今たぶん生理なんだろうな」ということを感じ取れていたのです。
抗癌剤治療が始まるとその感覚はいつの間にかなくなっていました。
おそらく副作用で止まっていたのでしょう。
治療が終わればまた元に戻ると思っていたのに、いつまでたってもその気配がありません。
そういえば抗癌剤治療が始まる前、副作用の説明について先生がこう仰っていたのを思い出しました。
 

閉経1


まさかの閉経!?!?
自分に関係ないことなかった〜!!
でも更年期症状なんて全然ないのだけれど…。
そこで、本当に閉経してしまったのかがとても気になったので、再び基礎体温を測って調べてみることにしました。
 

閉経2


う〜ん、こんなことになっていたなんて…。

更年期症状はまだこれからやってくるかもしれないし、きっと生活習慣病にも気をつけないといけないのだろうし、なんだか急に今まで通りに生活していたらダメなような気がしてきました。

まだ閉経には早いからと貧血改善のために摘出した子宮。
そこから1年もたたないうちに閉経するのなら、筋腫を取るだけでよかったのかも…と、こちらもなんだか複雑な気分です。

一番キツかったAC療法終了から1年半弱。
いまだに白血球が少ない、髪が細い、眉毛にまつ毛が元の量ほどには戻らないなど、その影響を引きずっています。
これまで何度も書いてきたもそうなのですが、実は手でなく足の方にダメージが大きく残りました。
浮き爪だけでなく黒く変色もし、浮いたところは割れたり剥がれたりでもうボロボロ!!!
剥がれた部分は元の爪につかずに伸びてくるため、いつまでたってもキレイになりません。
両足のほとんどの爪をテープを巻いて固定しているので、見た目も悪くもう散々…
完全に元に戻るにはまだまだ何ヶ月もかかりそうです(泣


20210218
 

2019年12月4日

言われていた通り、ハーセプチン単体だと副作用は全くありませんでした!!
(AC療法の副作用である浮き爪がまだ痛みますが…)  
おかげで生活はすっかり元通りです。

これまで化学療法を受ける前には必ず採血をしていましたが、ハーセプチン単体だと1回おきで良いとのこと。前回採血したので、この日はなし。

副作用がなく血液検査もなかったので、すぐ治療センターへ行くと思っていたら、先生からこんな報告がありました。
 

20191204_1


とても良い先生だったので、主治医交代はとても残念です。
そういえば、腫瘍内科初回受診の先生が、すぐ移動になるからといって、今の先生に交代されたのを思い出しました。( 詳しくはこちら
後任が気になるけれど、後はハーセプチンを受けるだけなので、どんな先生に当たったとしても7月で腫瘍内科は終了するワケですし、あまり影響はないかな。

そして治療センターへ。
 

20191204_2


初回は90分でしたが、2回目からは30分になりました。
最後に5分間生理食塩水を流すので計35分。早い!!!!
でも・・・受付から治療が始まるまで1時間待ち。
生食が終わった後15分ほど放置されていたので、結局センターには2時間近くいたことに。
いつも混んでいるので、待ち時間で疲れます。

「CVポートからの点滴は着ていくものに困る」という記事はこちら

お会計は、ハーセプチン初回は3万3千円ほどでしたが、2回目は薬の量が減っていたので2万5千円ほどでした。(3割負担。治療費のみ。診察や採血などは含みません。)
かなり安くなったとはいえ痛い出費です。これが7月まで続くのね…

年内はあと1回治療あります。

↑このページのトップヘ