タグ:子宮筋腫

いよいよ大病院へ。

まずは血液内科。
紹介状に同封されていた先日のクリニックの検査結果を見て、

20180604_1

ひとまず簡単な問診や診察をして、採血後にもう一度見てもらうことに。

ーーーーーーーーーーーーーー

次は婦人科。
重度の貧血であること、筋腫があること、これまで婦人科を受診していた内容などを伝え、超音波検査をします(ついでに癌検もしてもらいました)。
6cmの粘膜下筋腫があることを確認。

20180604_2


たぶんここは迷って迷って答えを出すところなのでしょうが、すでに長年、子宮ごと取ることを考えてきたので即答しました。
それに、筋腫だけ取っても再発する可能性があるし、生理も続くので貧血が改善しません。

手術すると決まれば、すぐ入院の手続きに進みます。
月をまたぐと入院費用が嵩むので避けるようお願いすると、確実にそうなるよう7月初頭にしてくださいました。
あと1ヶ月も苦しいままですが、我慢、我慢。

明日は子宮のMRIを受けること。
この後に入院用の検査をいくつか受けてから帰るように言われます。

退室すると別部屋で、以下の説明を受けたり書いたりします。
・入院に関する問診票
・感染症検査の同意書(B/C肝炎、梅毒、HIVなど)
・婦人科の病で入院する場合の説明(ナプキンなど用意するもの)

ーーーーーーーーーーーーーー

「手術か・・・」などと思いに浸っている暇はありません!
次に採血と入院用に必要な検査をいくつか受けていきます。

20180604_3


初めて肺活量の検査をしたのですが、これが結構キツかったです。
普通に息をするのも苦しいのに、長く吸ったり吐いたりが上手くできません。
何度もやり直しさせられました。

20180604_4


この後再び血液内科に戻ります。
続く

クリニックへ行ったのが金曜日。
結果は週明けの月曜日と言われていたのに、翌日クリニックから電話が。
わざわざ電話をかけてくるなんて嫌な予感・・・

20180602_1


もうビックリ! 貧血で輸血!?
急いで詳細を聞きに行きます。
 

20180602_2


赤血球関係がほとんど基準値より下で、特にヘモグロビンが危険な数値なのだそう。
ヘモグロビンが少ないがために、体に酸素が行き渡らなくなっているから、動悸や息切れがするんですね。
私の場合徐々に弱っていったので、体が苦しさに慣れてしまっているのですが、「普通この数値なら、相当しんどいはず」なのだとか。
 

20180602_3


そしてなぜ貧血なのか?
その原因は、おそらく子宮筋腫だと思いました。
長年婦人科で「粘膜下筋腫があるので気をつけなければいけない」と言われていたからです。
年に1、2回と定期的に検査を受けていたのですが、ここ2年ほど行くのをサボっていました。
「貧血に気をつけて!」とは言われていたけれど、まさかこの症状が貧血だったなんて…。
 

20180602_4


大病院への紹介状は2通。
1つは婦人科で、もう一つがなんと母が通っている血液膠原病内科です。 
まさか自分が母と同じ科で診てもらうことになるとは思ってもいませんでした。

「すぐに行ってください」と言われたものの、紹介先の病院の受け付けは土曜は11時まで。
この日はもう間に合わなかったので、日を改めて月曜日に行くことにします。

↑このページのトップヘ