タグ:完全奏効

2019年7月24日 ーその2ー

(前回のつづき)
内科へ行くとまず、「外科で聞いたと思いますが、とても良い結果が出ましたね!」と先生。
さらに、外科では言われなかったこんなことも。

 
20190724_6


これはちょっと嬉しいと思いましたが、やはり安心はしていられません。

次に、これまでに治療の流れをおさらい。
紙に書きながら、「HPD×4回(術前化学療法)→OP(手術)→AC×4回をしたら、えっと温存でしたよね?ならこの次に放射線治療を・・・
って、えええ?ちょっと待って〜!!!
先生、ワタシ全摘です!」と言うと、先生は急いでPCデータを確認。そして


20190724_7


勝手な推測ですが、なんとなくこう思われていたように思います(笑
こういうことがあるから、外科の先生は最後の最後まで温存を勧められたのでしょうね。
でもワタクシ自身が全く後悔していないので、全然問題ありません。

治療計画は当初と同じです。
一つだけ違うのは、AC療法が終わった後、パージェタとハーセプチンを9ヶ月投与する予定でしたが、完全奏効という結果からハーセプチンだけ投与することになりました。
なんか微妙な変更。どうせならAC療法を省いて欲しい・・・


20190724_8


そしてAC療法の説明に。
副作用は術前化学療法とそう変わりなく、特に嘔気がひどいようです。
心臓への負担に関して、HPD療法は薬剤の投与を止めれば心臓は元気な状態に戻りますが、AC療法は後々引きずるらしいとのこと。怖っ

それから前回書いた、ワタシが恐れているACのA(アドリアシン)の説明へ。
 

AC療法の説明


怖い怖い怖い!!!解毒剤が必要になるような薬が体内に入るのですよ。怖〜〜〜!
この発生率は稀らしのですが、ポートからでも液漏れすることはあるらしいので、安心はしていられません。
・・・って、もしかしてポートを埋めたのはこの薬のため!?
なぜ埋めないといけないのかと聞いた時、たしか「キツイ薬があるから」と仰っていました。
だとしたら、AC療法は省けませんね・・・
抗癌剤の説明と解毒剤の費用に納得しましたと、同意書にサイン。

ということで、1週間後にAC療法開始です。

2019年7月24日 ーその1
この日は外科と内科を受診します。
ドレーン穴の滲出液は、ワタシにしては意外と早く止まりました!ヨカッタ!

まずは外科から。
8日の間に、滲出液よりも胸の状態が大変なことになっていました。
 

乳癌術後に体液が溜まる


受診した2日後からどんどん膨れ上がってきて、もう痛いのなんのって!
何度途中で病院へ行こうと思ったことか。
これを見た先生も「溜まってますね〜」と。

 前回の体液を抜いた様子はこちら
今回も同じく、抜き終わるころがめちゃくちゃ痛かったです。
抜いた体液の量は70ml! 
こんなに溜まるのならということで、来週も抜きます。
それまでにまた液が溜まって痛いようなら、いつ来ても良いとのこと。助かります。

診察台を降りイスに座ると、「病理検査の結果はまだ聞いていませんよね?」と先生。
パソコンの画面を見るとそこには・・・
 

摘出した乳房


ほぼ母のメモ通り!( 母の話を元に描いたのはこちら
画像を見ても、それが自分の一部だったなんてとても思えませんでした。
これを切り刻んで(どこを切ったか印の付いている画像もありました)顕微鏡で調べた結果が「Complete Response」と書いてあります。
これはなんなのかと言いますと・・・
 

20190724_3


癌、消えたらしいです!
ここは狂喜乱舞してもおかしくない場面なのですが、ワタクシ妙に冷静でいました。
なんとか「わー、嬉しいです」と言ったと思います。
というのも・・・・

20190724_4


とまあ、こんなことを考えていたら、まさにそこを説明してくださいまして、


20190724_5


たしかこんな風にを仰っていたと思います。
もう癌はないのに、念のため抗癌剤を受けないといけないという、おかしな状況に。
まあもし検査で癌細胞を見逃していたり、検査では分からないほどの癌がすでに転移している可能性もなくはないので、受けておいた方が良いのは理解できるのですが、 術前化学療法がよく効いたのだからまた同じ薬にするとか、分子標的治療薬だけするなんて変更はできないのかな・・・。
というのも、この後内科に行って聞かされる「AC療法」のAの薬剤が怖いのです!

ということで、次は内科にAC療法について説明を聞きに行きます。
つづく

↑このページのトップヘ