タグ:循環器内科

この日は血液内科と循環器内科を受診。
まずはいつも通り、血液内科の方から。
鉄剤を服用してから25日目
 

20180629_1


まさかまだ輸血する可能性があるとは!
すっかり元気になっていたけれど、やはり基準値は必要なようです。
輸血するかしないかは、入院時の主治医の判断になるとのこと。
あと数日でそんなに増えないと思うんだけれど…。 

次は循環器内科。
昨日の心エコーとCTの結果診断です。
パソコンの画面には3Dでカラーの心臓の画像が。
結果は「異常なし」で、問題なく手術出来るとのこと。

ただ少し気になる箇所があようで…
 

20180629_2


いや、大丈夫と言われても怖いんですけどっ!!
真っ先に「将来これが原因で死ぬのかも」と考えてしまいました。
聞かされたところでどうすればいいのやら…です。

検査時の自分の心臓の画像、プリントアウトで良いので記念に欲しかったな。

外来受診はこれで一旦終了。
次はいよいよ入院です。 

循環器内科を受診してから17日後。
調子はかなり良くなっています!

この日は検査が2つ。まずは心エコーから。
技師さんが「研修医が同席しても構いませんか?」と聞くので、「はい」とワタシ。

寝転んで横向きになると、ちょうど機械の画面が見えるので、心臓が勢いよく血液を送り出す様子など、動きが見られてなかなか面白かったです。


心エコー


15分くらい経ったところで、技師さんが手をとめます。
やっと終わりか?結構長かったなと思っていると…
「研修医に変わります」
ええ!?同席するだけじゃないの?
 

20180628_2


とにかく器具の押し当て方が弱い!!
だからくすぐったいし、映像も不鮮明。
何度も何度も器具にゼリーをつけ足すのですが、そうじゃないって!
研修医さんも「あれ、映らんぞ?」と不安そうな様子。
なのに技師さんはどこかへ行って不在。

画面を見ていると、先ほどのと同じだったので、おそらくワタシ練習台だったんでしょうね…。
誰でもこういう期間を経て技術を磨いていくのだから仕方ありません。
とはいえ、やはり患者の立場から言うと「練習台にはなりたくない!」

結局、研修医さんも長々と検査したので、合わせて30分ほどかかりました。
急いで次のCT検査に向かいます。

続く

この日は、血液内科と婦人科を受診。
血液の方が9時の予約。
朝一番の診察の時は採血の順番取りをしないといけないので、早く家を出ます。
病院に着いてから、診察されるまで3時間待ち!!


20180611_1

ーーーーーーーーーーーーーー

前回から3日後。鉄剤を服用してから7日目
ヘモグロビン値は少しだけアップ。
貯蔵鉄のフェリチンは2から28に上がって正常値に!
網赤血球もさらに増え続け、少しずつ改善に向かっています。
また1週間後に受診します。


20180618_2


ーーーーーーーーーーーーーー

次は婦人科。
先日の入院用のいろんな検査とMRIの結果の診断です。
MRI画像を見せてくれながら説明してくださるのですが、先生のスクロールが早すぎて、あまりよく分かりません。画像も少しぼやけていたような気も。
粘膜下筋腫はなんとか確認できたけれど、「ここにも1つありますね」と言われたソレはどこ!?という感じ。
でもまあ、もう子宮ごと取ってしまうのだし、どんな大きさだとか、どこにあるのかなんて、どうでもいいかと、何も質問せずにハイハイと聞いていました。

それより問題は、こまごました検査結果の方。
 

20180611_3


特定健診の結果で言われたことと全く同じ。(こちら
手術する身なので、きちんと専門医に診てもらうようにと、院内紹介状をもらいます。
入院前の婦人科診療はこれで終了。

ーーーーーーーーーーーーーー

本当ならこれで帰れるはずだったのに、この後循環器内科へ
約1時間半待ち。
 

20180611_4


心電図の異常が貧血のせいであると確認できる検査はないので、本当は何もしなくて良いという感じだったのですが、どうしても何かしなくてはいけないんでしょうね。
心エコーとCTを撮ることになりました。
まあ何かあってからでは遅いので仕方ありません。
CTには造影剤を使うので、万が一の危険性や副作用の説明、そして同意書にサイン。
数日後にでもすぐ検査するのかと思ったら、空いている日がないらしく、半月以上も先の予約になりました。

会計をして、薬を受け取り、帰宅。
予定外の診察があったので、6時間半も病院にいました。疲れた。

↑このページのトップヘ