タグ:治療費

2019年12月4日

言われていた通り、ハーセプチン単体だと副作用は全くありませんでした!!
(AC療法の副作用である浮き爪がまだ痛みますが…)  
おかげで生活はすっかり元通りです。

これまで化学療法を受ける前には必ず採血をしていましたが、ハーセプチン単体だと1回おきで良いとのこと。前回採血したので、この日はなし。

副作用がなく血液検査もなかったので、すぐ治療センターへ行くと思っていたら、先生からこんな報告がありました。
 

20191204_1


とても良い先生だったので、主治医交代はとても残念です。
そういえば、腫瘍内科初回受診の先生が、すぐ移動になるからといって、今の先生に交代されたのを思い出しました。( 詳しくはこちら
後任が気になるけれど、後はハーセプチンを受けるだけなので、どんな先生に当たったとしても7月で腫瘍内科は終了するワケですし、あまり影響はないかな。

そして治療センターへ。
 

20191204_2


初回は90分でしたが、2回目からは30分になりました。
最後に5分間生理食塩水を流すので計35分。早い!!!!
でも・・・受付から治療が始まるまで1時間待ち。
生食が終わった後15分ほど放置されていたので、結局センターには2時間近くいたことに。
いつも混んでいるので、待ち時間で疲れます。

「CVポートからの点滴は着ていくものに困る」という記事はこちら

お会計は、ハーセプチン初回は3万3千円ほどでしたが、2回目は薬の量が減っていたので2万5千円ほどでした。(3割負担。治療費のみ。診察や採血などは含みません。)
かなり安くなったとはいえ痛い出費です。これが7月まで続くのね…

年内はあと1回治療あります。

2019年11月13日

病院に到着して受付を済ませると、まず採血をします。
毎回「上手い人やとええな〜」と思いながら席につくのですが・・・
 

20191113_1


こんなに痛い採血は初めてです。
たまにハズレな方もいらっしゃいますが、それでも針を刺す時に痛む程度。
でもこの方は別格で、血を抜いている時も血管が引っ張られているようで痛い!
とてもやさしく感じの良い方だったけれど、採血は鬼のようでした。

そして内科へ。

20191113_2


白血球、まだ復活していません…。
薬の量を減らしたにも関わらず、最後はダメージが大きかったようです。
でも治療は受けられるということなので、お次は治療センターへ。

まず最初に看護師さんから、新たな治療のスケジュールや薬の副作用などの説明があります。
 

20191113_4


大きな副作用はこの2点だそうです。
最初の治療から引き続き、ずっと心臓への負担が続くのですね。


ハーセプチン治療


投与中に発熱することなく、輸液は無事に終了。

次はお会計へ。

20191113_6


分子標的薬は副作用がないのはいいけれど、お値段が高いのがイタいです!
(2回目以降は投与量が少なくなるので、もう少しお安くなるはず)
でももし完全奏効でなかったら、ここにもっと高額なパージェタが加わっていたようなので、3万程度で済んでヨカッたと思わなくてはいけませんね。

家に帰ってからも発熱はありませんでした。 

2019年8月7日
 
熱は下がり、胸の腫れも落ち着きました
ただ、皮膚はさらに真っ赤になって痒いまま
この痒みもしかして!?と心当たりが出てきたので、先生に聞いてみると・・・


20190807_5


やっぱりか!
前に言ってあるので分かってくれているものだとばかり…。
原因が判明したので、もうこれ以上酷いことにはならないハズです。
抜いた体液は10ml。先週の80mlと比べると一気に減りました。
胸はペターンと平らに近い状態で、脇のあたりだけボコボコしている感じ。
これが綺麗な状態になるには、1年など長い目でみないといけないようです。
 

20190807_1


もう体液は落ち着いたので、次回の外科受診は化学療法に合わせて3週間後です。

順が逆になりましたが、外科の前に腫瘍内科へ行って、血液検査の結果が問題なかったので、化学療法を受けるよう言われます。

治療センターが混んで1時間待ちだったので、その間に栄養士と薬剤師から話がありました。
薬剤師より、まだ主治医から聞かされていなかった情報がチラホラ。
 

AC療法の内服薬


吐き気止めはイメンドとデカドロンを2日間、ジプレキサザイディスを4日間、とんぷくも合わせて全部で4種類。
AC療法、どれだけキツイ薬なんだと緊張してきます。


AC療法の流れ


恐怖の点滴漏れに体調変化もなく、治療は無事終了。
次に向かうはお会計。
当然のように限度額を払わなければと用意していたら・・・


20190807_4


全然限度額に届かない金額が表示されたので驚きました。
分子標的治療薬がないから? ACが古い薬だから?? 
治療にかかる費用が最初に見積もっていたより安くすみそうで、これは嬉しいです!
8月に入るとすぐ限度額適用認定証を更新してきたのですが、もしかするとともう必要ないのかも(※限度額適用認定証の使用期限はどなた様でも8月〜翌年7月までです)

家に帰ってトイレへ行くと、言われた通り赤い尿がでました
でも真っ赤なのは2回だけ。徐々に橙から黄へと薄くなっていきました。

その後もなんともなかったので、「これはHPD療法と同じくらい副作用が軽く済むかも♪」と、のんきに構えていたら、それは夜になってジワジワやってきました。

つづく

↑このページのトップヘ