タグ:腫瘍内科

特別版では診察の内容が伝わらないので、通常版も書いておきます。

2020年8月12日

まずは内科から。
「今日で終わりですね。化学療法としては長い方なので頑張りましたね。」と先生。
「やっと終わります〜!」と、ワタシが喜んだのを確認してこんな話をされました。


20200812_4


わかります!
ワタシは落ち込むとまではいかないけれど、不安な気持ちは同じです。
治療終了の喜びは「もう高額な治療費を払わなくて済む!」というのが大きかったかな

この日は血液検査がなく特に何もないので、CVポートを抜去する話に。
実は前々から言われていたのですが、ワタシは再発のリスクが低いので、最後の治療終了後にCVポートを抜去することになっていました。
ですがこの酷暑に手術するとなると、傷が治りにくい体質なので、絶対留置手術の二の舞になると思い( 詳細はコチラ)、「手術は涼しくなってから、秋以降でもいいですか?」とのお願いにOKをいただいていたのです。

それで、抜去手術はもちろん留置手術と同じ放射線診断科で行われると思っているので、そちらを受診して手術の日取りを決めるのかと、今後の流れを確認すると…
 

20200812_5


いや〜、驚いたのなんのって!!!
埋め込む時に地獄をみたので( 詳細はコチラ)、取る時のことも覚悟していたのですが、まさか主治医が取ってくださるとは思ってもいませんでした。

手術室ですらないって、取るのはそんなに簡単なの!?
まあ誰が取ってくれるにしろ、酷い目に合わなければそれで良しなんですけどね。
予約は今ではなく、10月頭に病院へ連絡して決めることになりました。
ということで、ポートにはまだもうちょっと入っていてもらいます。

一応、内科の受診はこれにて終了!
良い先生方に恵まれ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
でも…主治医の交代劇がなければ、お世話になりました感がもっと違ったかな〜


20200812_6


次回、外科へと続きます。

2020年6月30日:ハーセプチン12回目(受診なし+採血なし)
2020年7月22日:ハーセプチン13回目(受診+採血あり)

13回目治療日の採血の結果、やっとのことで正常値に戻った白血球がまたしても低値に戻ってしまいました。
 

20200722_1


もうAC療法の影響ではないだろうとのこと。
放っておいて問題ないのだろうけれど、免疫力が低下しているのなら、常にコロナや感染症に気をつけて過ごさないといけませんね。

3ヶ月ぶりの外科診察。
今月は、左胸の全摘手術をしてちょうど1年目です。
まだ違和感が残っていますが、今の状態でほぼ完成形だそうです。


20200722_2


術後1年が経ったということで、後日いろいろ検査をすることに。
 

20200722_3


腹部エコー? 胸部ではなくて?
診察中はサラッと聞いていて気づくことができず、質問し損ねてしまいました。
なんでお腹のエコーなんだろ…

検査は翌週、まとめて受けることになりました。

2020年5月20日:ハーセプチン10回目(診察/採血なし)
2020年6月10日:ハーセプチン11回目(診察+採血あり+心臓エコー)

ハーセンプチン単体治療が来月(7月)でとうとうの9ヶ月目を迎えます。
当初から術後のハーセプチンは回数は決まっておらず9ヶ月間受けるということでした。
治療は3週間ごとなので、7月は治療日が2回あります。
1回で済むのか、きっちり2回受けないといけないのかをお聞きしたのですが…
 

20200610_1


治療期間についてはこれまで何度も書いてきました。(2019年の3/137/2411/6も)
なのに、今になって一体どういうことですかっ!?


20200610_2


先生によって違うって、何この適当感…。
3月に担当していた先生が2人いるので、どちらなのかと振り返って考えてみたけれど、2代目先生も引き継ぎいでいるだけですし、しかもすぐ交代する可能性もあったので、やはり初代主治医が最初から術後のハーセプチンは全14回だと決めていたのでしょうかね?
だとしたらなぜ最初から仰ってくれなかったのかが不思議でなりません。

分子標的薬は高額なので治療が1回増えただけでもダメージが大きいです。
あ〜、がん保険に入っていない者にはこの1回が辛いわ〜(泣
やっと白血球が基準値になったとの朗報も、なんだか全然喜べませんでした。

治療11回目のこの日は、3ヶ月に1度の心臓エコー検査があったので、治療センターへ行くのが遅くなり、ひたすら待たされます。
2時間ほど待ったところで、やっと名前を呼ばれるのですが、
 

20200610_3


ワタシなんて元気な者がベッドを使うのは申し訳ないと思いつつも、イスの空きを待っていたらまだまだ時間がかかるようだったので、今回はベッドで治療することにしました。
 

20200610_4


これ、想像以上に快適でした♪
イスも背を倒して足置きを伸ばせばベッドのようになりますが、なんとなく気分的に違います。
これまでずっとイスを希望していたけれど、次から「どちらでも」と答えようかな。

↑このページのトップヘ