翌朝、母にも触ってもらい、自分の勘違いでないことを確認。
ワタシの年齢ではエコーよりもマンモグラフィが有効なのだそうですが、かかりつけの婦人科にはエコーしかありません。
近所でマンモグラフィ検査を受けられるのが1件のみ。そこは何度か行ったことのある市中病院で、予約なしでも受け付けているので、急いで向かいます。


20190213_1


外来の先生が週に1度、金曜日だけ診察しているとのこと。
この日は水曜日。「また金曜に来ます!」と言って、家へ帰ります。

でも、やっぱり気になる!!!どうしてもしこりが気になる!!!!
どうせならいつもの大病院へ行きたい。それには紹介状がいる。
でも、かかりつけの婦人科はその大病院と提携していない。
紹介状を書いてもらえるなら、もうどこでもいいや!
そう思って行ったのが、貧血でお世話になった、かかりつけの内科でした。


20190213_2


内科で胸のしこりを診てもらうだなんて申し訳ないと思いながらも、頼んで紹介状を書いていただきました。

その足ですぐ大病院へ向かい、外科(乳腺・内分泌)を受診します。
予約なしの飛び込みにも関わらず、ほとんど待ち時間なし。
担当は女性の先生。
まずは触診。「あ、ここですね」と、すぐにしこりを確認。
次にエコー。


20190213_3


なんと言われたか正確には覚えていませんが、「可能性がある」や「かもしれない」ではなく、「ほぼ間違いない」という感じだったと思います。もう画像を見ただけでわかっておられるのですよね。

エコーが済むと、今度は針生検(組織診)。
マンモグラフィを撮るだけくらいに思っていたので、いきなり「麻酔をして組織を採ります」と言われアセります。
 

乳癌の針生検

1. 麻酔
2. エコーで確認しながら針を刺す
3. 位置が決まると「バチーンッ」と大きな音と衝撃とで組織を採取。
  (驚かないように最初に音を聞かせてくださいました)
4. 3回繰り返す
5. 先生が上から両手でキツく押さえつけ、しばらく止血。
6. ガーゼを当てて上からテープで固定(お風呂時には取って良いとのこと)


20190213_5


生検の結果を待たずに、他の検査を進めていくあたり、やはり確実に癌なのだと思わざるを得ませんでした。

どの検査も空きがないので、CTとマンモが12日後、その翌日にMRI、そしてその翌日にエコーと再診となりました。
結果を聞くまで2週間もかかるとは…長いです。