タグ:CT

2020年7月28日
 この日はCT、マンモグラフィ、腹部エコー、この3つの検査と採血をします。

《 CT 》
これまでのCT検査は、まず検査着に着替え、造影剤を投与し、台にうつ伏せになって胸を垂らした状態で撮影していました。
 初めての乳癌CT検査
外科の主治医から「今回は造影剤のない簡単なものだから」とお聞きしていたので、造影剤だけないのかなと思っていたら…
 

20200728_1


あの恥ずかしい格好をせずに済みました!
まさか着替えもないだなんて… と言いつつ、こういうこともあろうかと金属のついていない服装で行ったんですよね。
そしたらそれが思いのほか喜ばれて、技師さんに大絶賛されてしまいました。
きっと着替を待っている時間がもったいないんだろうなぁ…

《 マンモグラフィー》
人生2度目のマンモ検査。
1度目は乳癌かどうかを調べた時なので、約1年半ぶりです。
検査は残った方の胸だけ。 
速やかに上下の撮影が済むと、次は左右(斜め)へ。
しかしこれが何やら手こずっておられます。
胸がないせいで、またしてもご迷惑をおかけしているのかと思いきや…
 

20200728_2


胸があればこんなことにはならないのでしょうか?
しばらくワタシの胸と格闘されていましたが、どうしても無理なようで一旦別室へ行き、戻って来られるとその後はすんなり挟むことができました。
角度の設定でも変えてこられたのでしょうかね?

そもそも「ポートを入れている人はマンモグラフィをしてもいいの?」という疑問がよぎったので後で調べてみたところ、どこの病院も「破損の危険性があるので基本的に撮影はできない(断っている)」と書かれていました。
大丈夫なのか、ワタシのポート…

《 腹部エコー》
なぜ胸部でなく腹部?と思っていたので、検査終了後に技師さんにお聞きしました。
 

20200728_3


転移のチェックですか…
乳癌の再発と他の臓器への転移は今後起こりえることだから、癌が治ったと思っていてはいけないと肝に命じたハズなのに(コチラ)、自分が癌であるという意識が完全に薄まっていました。
というのも今現在、治療法のない希少がんを患って苦しんでいる母の方がよほど大変な状態なので、自分のことなんて二の次なのですよね…。
検査したらそれで終わりという気でいたので、急に結果を聞くのが怖くなってきました。
何も問題ありませんように。

MRIのみ、他の検査より一足お先に予約が入っています。
乳癌のMRIは2回目なので「はいはい、前回と同じね」と余裕でいたのですが・・・
 

20190619_1


子宮のMRIを撮る際に「帽子もマスクも着けていていいですよ」と言われたのを覚えていたので、当然問題ないと思っていましたが、まさか脱がされるだなんて!!(これまでは一応外して受けていました。)
検査前に、邪魔にならなさそうな頭にフィットするワッチキャップにわざわざ着替えたのに!
いくら技師さんとはいえ、さすがにハゲ頭を見られるのは恥ずかしかったです。
 

乳癌のMRI検査


これまでMRI、CTのいずれも、男性スタッフのみということがなかったので、これにも戸惑いました。
検査着を開ける時や、検査が終わって体を起こす時など、ささっとワタシの後ろ側に立って見ないように気を使ってくださっていましたが、結局うつ伏せになると「もう少し前へ(後ろへ)」と胸の位置を確認しているので、思いっきり見られているのですけどね。
 

20190619_3


MRIの中はクーラーでもついているのか、風が吹きっぱなしで頭が寒い!!
帽子、被っていたかったな・・・。
ちなみに数日後に受けたCTは帽子着用OKでした。なんでや!?

で、そのCTですが、看護師さんが点滴の穿刺に失敗!!
これまで何度も何度も針を刺されてきましたが、失敗されるのは初めてです。
アルコールアレルギーでイソジンを塗るため血管が見難い上に、部屋が暗かったので、仕方なかったと思うのですが、その時の看護師さんの態度がなんとも言えなくて・・・
 

20190619_4


「このワタシが失敗するなんて!」という感じで、しばらく独り言を仰っていました。
よほど悔しかったのでしょうね。

ポートが使えたら一番良いのですが、胸を置く台やマットにポート部分が当たるからダメなのだそう。(実際、ポート部分に思いっきり器具の跡がついていました。CTはあの手作り台なので( 詳しくはこちら)ポートでも大丈夫そうだったんだけれど。)
せっかくのポートも胸の撮影だと全然活かされないので、もったいないです。

CTの前後にマンモグラフィをするように言われたので、先に受けることにします。
実はマンモグラフィ初体験。どうしても女性技師さんに担当していただきたかったので受付でお願いすると、こちらの病院では女性が担当しているとのことで一安心。

※本当は貧血時のように検査機器はきちんと描きたいところですが、現在に追いつくために簡略、もしくは描かないでいきます
 
マンモグラフィ


噂通り痛かったけれど、すぐに済むので十分我慢できる程度です。
上下左右、計4枚撮影。画像の確認待ちしていると、「しこりの部分をあと2枚追加撮影します」ということで、計6枚撮りました。

あまりにも胸がないので、技師さん相当苦労していらっしゃいました。
そのせいか結構時間もかかったような気が……本当に申し訳なかったです。

お次はCT
貧血治療時に経験したので余裕だと思っていたら、そうでもありませんでした。
 貧血治療時のCT体験記
 
まずは検査着に着替えて、生理食塩水を点滴をします。
寝台上の組み立てられたマットが崩れないよう、看護師さん2人に支えられながら上ると、検査着の前を開けてうつ伏せになり、マット間の空間に胸を垂らした状態にします。
普通に仰向けで撮影すると思っていたので、これはちょっと恥ずかしかったです。
 

乳癌のCT検査


貧血治療時のときも説明が足りないと思っていましたが、今回はそれ以上に説明がない上に、息を止める練習もなく、いきなり撮影が始まります。
でも大丈夫!経験済みだから!造影剤を入れた時のオシッコをもらした感覚にも驚かないぞ!そう思っていたけれど…


20190225_3


思いっきり拍子抜け!!!前回と全然違う!!
造影剤が流れて行く感じも、オシッコの感覚もなし!
熱くもなくて、なんとなく「温かいかな…?」くらいの感じ。
撮影する部位や薬の量の違いなのでしょうか。
造影剤にもいろいろな感覚があるのですね。
撮影時間も短く、あっという間に終了しました。

この日は血液内科と循環器内科を受診。
まずはいつも通り、血液内科の方から。
鉄剤を服用してから25日目
 

20180629_1


まさかまだ輸血する可能性があるとは!
すっかり元気になっていたけれど、やはり基準値は必要なようです。
輸血するかしないかは、入院時の主治医の判断になるとのこと。
あと数日でそんなに増えないと思うんだけれど…。 

次は循環器内科。
昨日の心エコーとCTの結果診断です。
パソコンの画面には3Dでカラーの心臓の画像が。
結果は「異常なし」で、問題なく手術出来るとのこと。

ただ少し気になる箇所があようで…
 

20180629_2


いや、大丈夫と言われても怖いんですけどっ!!
真っ先に「将来これが原因で死ぬのかも」と考えてしまいました。
聞かされたところでどうすればいいのやら…です。

検査時の自分の心臓の画像、プリントアウトで良いので記念に欲しかったな。

外来受診はこれで一旦終了。
次はいよいよ入院です。 

(続き)
 
CTは初体験です。
上半身に金属品を身につけていないので、着替えはなし
レントゲンの時はカップ付き下着はNGと言われたのですが、CTはOKでした。

撮影や造影剤の説明があって、その後は何かの点滴。(生理食塩液?)
 

20180628_3


点滴をつけたまま検査室に入り、台の上に寝ると、両手は頭上に。
撮影時に合図で息を止めるので、その練習をします。
 

心臓のCT検査


撮影開始。
電子音声にしたがって、「息を吸って」「止めて」を繰り返します。
音は静かで周りは見える、MRIよりCTの方がリラックスできました。

10〜15分くらい経つと技師さんが現れ「舌の下にスプレーします」とだけ言い、何か苦いものをスプレーしていきます。それが何なのか説明はなし!(後で調べると、血管を広げて血流をよくする薬とありました)

しばらくすると、ぞろぞろと人が現れ周りが騒がしくなります。
「今から造影剤が入ります」
「え?今から!?」
じゃ、今までのは何? 造影剤なしで長々と普通に撮影していたってこと?
てっきり最初から造影剤を入れて撮影しているものだと思っていました。
どうりで体が熱くならないわけです。

造影剤が注入されると、すぐ体に異変が!
 

造影剤


ポカポカ温くなるのだと思っていたら、むちゃくちゃ熱い!!
想像と全然違って本当に驚きました。
その熱が体を順に駆け巡り股間にやってくると、完全にオシッコしている感覚!
どうしようと焦りまくりです!!
 
熱が通り過ぎて行くと、間もなく「はい、終わりました」。
あれ? 造影剤を入れてから撮影した??
造影剤を入れてから、1回だけ息を止めたような気がするのですが、何せおもらししたかもとパニクっていたせいで、記憶が曖昧です。

体を起こすとすぐ、さりげなくおもらしを確認。
寝台からおりて、もう一度確認・・・大丈夫でした。
先に「おしっこしている感覚があるかもしれない」と説明しておいてほしかったです…
造影剤を入れるタイミングやスプレーの件も、 全体的に説明不足でしょ!


20180628_6


それにしても、血流の速度が速いのなんのって。
普段は感じることの出来ない血の流れを、体感することが出来て面白かったです。
造影剤の副作用もなく、検査は無事に済みました。

↑このページのトップヘ