タグ:CVポート

3ヶ月ぶりの検診。
なのですが、先月まで病院へは母の通院に隔週で付き添っていましたし、今は入院しているため荷物の受け渡しなどで週に2回は通っているという状況です。
なんだか自分の診察で病院へ行くのが変な感じでした。

半年ぶりに採血あり。
まずは体調をきかれたので、基本的は良いけれど、まだ腕が上げられないということ、そしてCVポートの抜去痕が赤く盛り上がり痛みがあるということを伝えます。(詳細はコチラコチラ


20210203_1


傷口がこうなっているのを診ていただくのは初めて。
先生は「ケロイドになっている」と仰ったのですが、ケロイドは傷の範囲から皮膚へ広がっていくようなので、ワタシの傷は肥厚性瘢痕で間違いないと思います。(ネット調べ)
だとしたら、今の状態よりはいくらかマシになるとあるのですが、期待していいのかな?
長くかかっても良いから目立たない程度に治って欲しいです。


20210203_2


肝心の乳癌検診は、触診も血液検査も問題ありませんでした。

次はまた3ヶ月後の検診となりますが、これまで何度か書いてきた「がん地域連携パス(1人の患者に対して、かかりつけ医と専門医の2人が主治医となるシステム」)」に従い(詳細はコチラコチラ次回はかかりつけ医に診ていただくことになります。

一通り診察が終わったところで、先生からお話が。
「実は私…」
こう切り出されて、もう何を仰るのか分かってしまいました。


20210203_3


そもそも先生はこの大学病院の非常勤医師。
交替の可能性はあると思っていたので、ついにきたかという感じです。
でもまあ、告知から治療後まで全てを診ていただけましたし、どのみち次からかかりつけ医に診ていただくことになるので、こちらとしてはとても良いタイミングの交替だと思いました。

で、次から大学病院ではどの先生に診ていただくか決めなければいけません。


20210203_4


結論から言うと、かかりつけ医と同じ先生を選びました
入院中お世話になった時の印象がとても良かったですし、先生の患者さんも(この人)「先生は癒しなんです!」と大絶賛されておられたので。
ただ、大人気なのでいつも非常に混雑しているそうです。 

まさか1人の先生に2つの病院で診ていただくことになるとは思ってもみませんでした。
今後のブログ、絵だけを見ているとどちらの病院にいるのかわからないかもしれませんね

CVポートを抜去してから丸2ヶ月が経ちました。
もう問題なんて起こらないと思っていたのに、
キレイにな縫い目だったので、当然傷もキレイに治るものと思っていたのに、
またしてもそういうワケにはいかなかったのです。 


20201225


調べてみたところ、肥厚性瘢痕というもののようです。
子宮全摘、左胸全摘、ポート留置、どの傷もこうはならなかったのに今回だけなぜ!?
違いは吸収糸を使わない縫い目の見える縫合…これでしょうかね?

まさかこんな傷痕が残るとは思っていなかったので、結構ショックを受けています。
今以上に範囲が広がったり盛り上がったりしなければいいのだけれど。
とにかく早く痛みがおさまってほしい!

もうホント、最初から最後までCVポートに苦しめられた乳癌治療でした(泣

乳腺外科での3ヶ月ごとの定期検診。

でもその前に、CVポート抜去後の抜糸をしていただきました。
糸を抜くのはアッという間で毛抜きのようにチクっとするだけ。
留置手術後は傷が炎症を起こし大変な目にあったので今回も心配していたのですが、予想に反して何もかもが事なきを得ました。
 

20201104_1


とても丁寧に縫ってくださっていましたが、やはり吸収糸を使った傷痕の方がスッキリ見えてキレイ。糸穴の痕が残るといやだなぁ…

この後乳腺外科へ。(検査無し、触診のみ)
結果は問題なし
でも・・・実は半年前から胸を全摘した方の肩を痛めていて、一応前回の検診時に先生にお伝えしてあったのですが、その後痛みが酷くなる一方なので、念のため後日CT検査を、そしてこの後、整形外科にも診ていただくことになりました。

自己診断では「肩関節周囲炎」、いわゆる四十肩/五十肩と言われるものでは?と思っていたら、整形外科の先生の診断もその通りでした。
治療法はなく放っておくだけ
自然に治るけれど1年はかかるそうです。
乳癌手術後のつっぱり感や違和感に加え肩の痛みまで…、せっかく治療が終わったのに、ちっとも左側がスッキリしないでいます(泣
 

20201104_2


約10日後にCT検査、その1週間後に結果を聞きに行ったところ、異常はありませんでした。
やはり筋を痛めているということで、乳癌との関連性はなく一安心。
でも、あと半年ほどこのままなのかと思うと気が重いです…

↑このページのトップヘ