タグ:HER2

2019年11月6日

この日は診察の前にまず検査から。
アドリアシン(ドキソルビシン)のようなアントラサイクリン系抗癌には心毒性があるので、AC療法全4回が終了した今、心機能低下の有無を確認するためエコー検査しました。
 

20191106_1


検査の後、腫瘍内科へ。
「体調はどうですか?」
「今日からハーセプチンですね。やっと辛いのが終わりましたね。」
「えー、血液検査の結果はどうかな・・・・・」
 

20191106_2


実はこれ、予想はしていました。
3回目がそうだったのなら、4回目も減ってるんじゃないの?と。
でも、次がAC療法でなくハーセプチン単体なので、大丈夫だと思っていたのです。
先生もそこを悩んでおられてましたが・・・

 
20191106_3


だそうです・・・でも!
ハーセプチンでの治療は回数ではなく、3週間に1回を1年間と決まっているので、人によって回数は異なります。
延期したからといって、治療期間が長引くということはありません。


20191106_4


ちなみにハーセプチンは、特定の分子を狙い撃ちする分子標的治療薬で、“HER2たんぱくの過剰発現がある乳癌”に使われる薬です。
癌細胞をピンポイントで攻撃するのですが、今のワタシにはその攻撃対象がない! 
抗癌剤より無駄な治療のような気がするんだけどなぁ・・・
値段もお高いし、9ヶ月は長すぎる!

心エコーの結果は問題なしだそうです。
でも後で結果の用紙を見てみると、技師さんのコメントに「ごく少量の心嚢液あり」とあるのを発見。
気になるので次回聞いてみよう。

浮き爪で痛みが酷いことに関してはこのように言われました。
 

20191106_5


白血球を増やす方法はないようなので、次回までなるべく外出は控えて大人しくするかな。

2019年8月14日

初めてのAC療法だったため、治療1週間後に腫瘍内科を受診します。(通常は3週後)
名前を呼ばれて診察室に入り挨拶すると、なぜか無言でワタシを凝視する先生。
すると・・・

20190814_1


前回書きましたが、この時のワタクシ、自分では全くそう思わないのですが、他人から見ると酷くやつれて、いかにも病人っぽく、しんどそうに見えるらしいのです。
家を出るとき母に体を心配されましたが、先生も随分驚かれていました。
確かに数日前までは寝込んでいましたが、この日はすっかり元気だったんですけどね。

で、この1週間の様子、特に吐き気が強かったことを先生に伝えます。
血液検査の結果は、白血球の減り具合など特に問題はなさそう。
ただ、吐き気がキツかったとのとワタシの状態を見て、「どうしよっかなー」と何やら考えていらっしゃいます。
何をどうされるのだろうと構えていると・・・
 

20190814_2


なんですとー!!!!
薬を止めることはできないけれど、量を減らすことができるということです。
AC療法を省いてほしい!もう癌が消えたのに理不尽だ!と思っていたら、願いが半分叶ったではないですか!

なのに・・・・

20190814_3


あれだけ望んでいたことなのに、いざそれが現実になると「後で後悔しないか?」と考えてしまうんですね。
標準治療はきちんと受けておいた方が、やれることはやっておいた方が後悔はしないハズ。
でもホント無駄な治療だとも思っているので、もうどうしていいのやら。
先生も決めかねて、ついに「どっちでもいいよ。決めて!」と、ワタシまかせに!
と言いつつも一緒に考えてくださって、結果こうなりました。
 

20190814_4


気持ちと行動に矛盾が生じますが、これならまあ後悔せずに済むかなと。


20190814_5


治療前日から吐き気、わかる気がします。
またあんな目に合うのかと思うと、精神的に辛くなるので。
処方されたのは、脳をリラックスさせるための精神安定剤でした。

次の治療は2週間後です。

一通り検査が終わり、やっーーーっと具体的な治療内容と日程が決定する日。
初めて乳腺外科を受診してからちょうど1ヶ月です。遅っ!!!!

診察室に入ると早速、術前化学療法の説明文書を見ながら話を聞きます。


20190313_1


毎回毎回、「そんな話は聞いていない!」「言っていたことと違う!」「説明不足だった!」のどれかが起こるんですよね…。
乳腺外科での説明は、「抗がん剤の後に手術したらおしまい」という感じだったので、まさか術後にも化学療法があるとは思っていませんでした。
15ヶ月間も化学療法が続くと知り、酷くショックを受けます。


20190313_2


アルコールにアレルギーがあるワタシ。
特に消毒用アルコールは絶対にダメ。
痒みと発疹が出るので、注射時の消毒はいつもイソジンにしていただいています。
化粧品に含まれるエタノールは、問題あったりなかったりの両方。
飲酒は苦手で多く飲んだことがなく、「缶ビール1本も飲んだことがない」と伝えると、「ドセタキセルにはちょうど缶ビール1本くらいのアルコールが含まれています」とのこと。
体にどう影響するのか全く予想がつかないので、「まずは投薬してみて様子を見るしかない」ということです。
酔っ払うくらいならいいけれど、痒みや発疹が出たらいやだな。
 

20190313_3


やだなー。怖いなー。

ハーセプチンとパージェタはHER2陽性癌だけに有効な分子標的治療薬で、副作用は過敏症やアレルギーのような症状などがあるけれど、抗癌剤と比べてかなり少ないようです。
ただ心臓に障害が出る場合があり、3ヶ月に1回、心エコーをしなければいけないとのこと。
ちなみに先日の心エコーは問題ありませんでした。

これらの説明を聞いている間、骨への転移はどうだったかずっと気になっていました。
「何も言わないのなら大丈夫だったんだろう」と、恐る恐る聞いてみると、「転移はありませんでした」ということで一安心。
ではこの長く続く肩周りの痛みは何なんだろ?ま、いいか。

「薬の詳細な説明を受け了解した」という同意書にサイン。
予約の空きがないため初回の抗癌剤はまだもう少し先で9日後に始まります。

いよいよ告知の日がやってきました。

でもその前に、もう一度エコー検査を受けます。
今回は技師さんによる両胸の検査です。

エコーが終わると、診察の予約時間まであと30分あります。
この待ち時間が苦しいのなんのって!
ほぼ確実に癌だと分かっているのに、極度に緊張して涙も浮かんできました。
診察室から前の人が出てくると、「次だ!!」と心臓が音をたててバクバク鳴ります。
名前を呼ばれると気持ちを落ち着かせて、深〜く息を吸ってから入室しました。
 

20190227_1


ついさっきまで、これを聞いたら泣いてしまうかもと思っていたのに、ハッキリ告知されると緊張が解けて、不思議なくらい落ち着いた状態になっていました。

まずは、先日撮影したマンモグラフィの画像見ながら、説明が始まります。
 

20190227_2


石灰化が、しこりの部分以外にもあることにショックを受けます。
次にMRIとCTの画像も見せられるのですが、素人目にはよく分かりませんでした。
この画像を見る限り、リンパ節や他臓器への「転移はない」ということです。
ヨカッた!!!

画像を見た後は、ワタシの癌がどういうタイプのものかを説明してくださいます。
 

20190227_3


5種類に分かれている乳がんのサブタイプは、HER2陽性というものでした。
続けてそのHER2陽性タイプの治療の説明です。
 

20190227_4


「薬がよく効く」と、何度も何度も仰っていました。
最初のエコーの時に「しこりの大きさは2.5cm」と聞いていたので、「3cmなければ先に手術だろう」と思っていたのですが、予想は大ハズレ。
この大きさなら本当はどちらを先にしても変わりはないそうですが、先生は進行具合を気にされているようで、ワタシの場合は先に化学療法から始めた方がよいとのことでした。

2週間の間に乳癌についておおまかに調べてたので、先生の説明はよく理解できました。
 

20190227_5


温存可能と言われても、全部取ります!
そりゃいくら胸がないとはいえ、本心は残しておきたいですよ。
でも少しでも再発のリスクを避けることのほうを優先したいと思います。
実は先生も本当は全部取った方が良いというご意見でした。
子宮は目に見えないから取ることに躊躇しなかったけれど、胸は精神的にダメージがきそうですね…。

今後のスケジュールはといいますと
 

20190227_6


リンパ節や他臓器への転移がないと聞いて安堵していたのに、まだ骨への転移を調べる検査があったとは!
実は、ちょうどしこりを発見した頃から、左の肩周りの関節が酷く痛むので、もしかして?と結構焦っています。

抗がん剤が心臓に負担をかけるという説明も心配でしかたありません。
普段から胸が締め付けられる感じや苦しかったりすることがよくあります。
貧血治療の際に「右の冠動脈の付け根が細い」と言われていますが、これは大丈夫なのでしょうか。
まさかこんな余計なことまで心配するとは思ってもいませんでした。
 心臓診断の記事

1週間後に腫瘍内科を受診。
骨シンチと心エコーはその翌日です。

↑このページのトップヘ