タグ:HER2

先日、乳腺外科で順番を待っていると、隣に座っている方に声をかけられました
コロナ禍での他人とのおしゃべりは避けた方が良いのでしょうが、同じ乳癌の方と話す機会なんて滅多にないのでついつい返事をしたところ・・・
 

20201104_3


乳癌の告知や入院していた時期もほぼ同じということで、話が弾んでしまいます。
でも、同じタイプという以外は全く共通点がなくて・・・
 

20201104_4


ワタシの方が病状が軽いのに、なにかと大仰な感じがするのはなぜ!? 
こんな中、1つだけ意見が一致することがありました。
 

20201104_5


乳癌になって良いも悪いもないのですが、それでも5つのサブタイプの中では(治療をしてみて)HER2で良かったと思っていました。
そうしたら彼女も同じ意見だったので驚きです。

ただもし再発した場合、また同じタイプになるとは限らないので(初期の頃に先生からお聞きした情報です)、他のタイプも人ごとではないと思うようにはしています。

それにしても、同じ病気の方とお話するのっていいものですね。
入院の時もそうでしたし、たまにブログにメッセージをいただくこともあるのですが、いろんな治療法があるのだなと勉強になっています。

〈私信〉Y様、治療 お疲れ様でした。ブログの件、興味があるので検討してみますね。

2019年11月6日

この日は診察の前にまず検査から。
アドリアシン(ドキソルビシン)のようなアントラサイクリン系抗癌には心毒性があるので、AC療法全4回が終了した今、心機能低下の有無を確認するためエコー検査しました。
 

20191106_1


検査の後、腫瘍内科へ。
「体調はどうですか?」
「今日からハーセプチンですね。やっと辛いのが終わりましたね。」
「えー、血液検査の結果はどうかな・・・・・」
 

20191106_2


実はこれ、予想はしていました。
3回目がそうだったのなら、4回目も減ってるんじゃないの?と。
でも、次がAC療法でなくハーセプチン単体なので、大丈夫だと思っていたのです。
先生もそこを悩んでおられてましたが・・・

 
20191106_3


だそうです・・・でも!
ハーセプチンでの治療は回数ではなく、3週間に1回を1年間と決まっているので、人によって回数は異なります。
延期したからといって、治療期間が長引くということはありません。


20191106_4


ちなみにハーセプチンは、特定の分子を狙い撃ちする分子標的治療薬で、“HER2たんぱくの過剰発現がある乳癌”に使われる薬です。
癌細胞をピンポイントで攻撃するのですが、今のワタシにはその攻撃対象がない! 
抗癌剤より無駄な治療のような気がするんだけどなぁ・・・
値段もお高いし、9ヶ月は長すぎる!

心エコーの結果は問題なしだそうです。
でも後で結果の用紙を見てみると、技師さんのコメントに「ごく少量の心嚢液あり」とあるのを発見。
気になるので次回聞いてみよう。

浮き爪で痛みが酷いことに関してはこのように言われました。
 

20191106_5


白血球を増やす方法はないようなので、次回までなるべく外出は控えて大人しくするかな。

2019年8月14日

初めてのAC療法だったため、治療1週間後に腫瘍内科を受診します。(通常は3週後)
名前を呼ばれて診察室に入り挨拶すると、なぜか無言でワタシを凝視する先生。
すると・・・

20190814_1


前回書きましたが、この時のワタクシ、自分では全くそう思わないのですが、他人から見ると酷くやつれて、いかにも病人っぽく、しんどそうに見えるらしいのです。
家を出るとき母に体を心配されましたが、先生も随分驚かれていました。
確かに数日前までは寝込んでいましたが、この日はすっかり元気だったんですけどね。

で、この1週間の様子、特に吐き気が強かったことを先生に伝えます。
血液検査の結果は、白血球の減り具合など特に問題はなさそう。
ただ、吐き気がキツかったとのとワタシの状態を見て、「どうしよっかなー」と何やら考えていらっしゃいます。
何をどうされるのだろうと構えていると・・・
 

20190814_2


なんですとー!!!!
薬を止めることはできないけれど、量を減らすことができるということです。
AC療法を省いてほしい!もう癌が消えたのに理不尽だ!と思っていたら、願いが半分叶ったではないですか!

なのに・・・・

20190814_3


あれだけ望んでいたことなのに、いざそれが現実になると「後で後悔しないか?」と考えてしまうんですね。
標準治療はきちんと受けておいた方が、やれることはやっておいた方が後悔はしないハズ。
でもホント無駄な治療だとも思っているので、もうどうしていいのやら。
先生も決めかねて、ついに「どっちでもいいよ。決めて!」と、ワタシまかせに!
と言いつつも一緒に考えてくださって、結果こうなりました。
 

20190814_4


気持ちと行動に矛盾が生じますが、これならまあ後悔せずに済むかなと。


20190814_5


治療前日から吐き気、わかる気がします。
またあんな目に合うのかと思うと、精神的に辛くなるので。
処方されたのは、脳をリラックスさせるための精神安定剤でした。

次の治療は2週間後です。

↑このページのトップヘ